スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

最近の値動きについて 2010年2月15日

ここ最近はドル円やクロス円の値動きが小さいような気がしますが気のせいでしょうか。。

まあ、2008年終盤から2009年前半の動きが歴史的だっただけに、そう感じるのかも知れません。

そこで、ヒストリカルデータを入手して、1日の値幅を調べてみることにしました。

CSVデータを入手できるところは、マネーパートナーズひまわり証券 ひまわりFXなどがあるようですが、口座開設していないとダメみたいです。

無料で入手できるのは、株式会社マネースクウェア・ジャパンや、こちらがあるようですが、今回は株式会社マネースクウェア・ジャパンから入手しました。

【掲載場所】
外国為替・資産運用TOP > マーケット情報 > ヒストリカルデータ
http://www.m2j.co.jp/market/historical.php
11通貨ペアについて掲載されていました。
日足:4本値(始値、高値、安値、終値)

ポンド円の2006年9月22日の高値、安値データに異常がありますが、おそらく?その他は問題ないと思います。

入手したデータを使い、EXCELで日々の値幅(高値-安値)を求め、月ごとに集計してみました。
まずは、ドル円からです。

1日の値幅(月ごとの集計) USDJPY 2005年1月~
値幅USDJPY20100215

ここ最近は、1日あたり平均1.00円程度の値幅に落ち着いてきています。それでも、2005年や2006年ごろと比べると動きはあるようです。

それでは、ポンド円はどうでしょうか。

1日の値幅(月ごとの集計) GBPJPY 2005年1月~
値幅GBPJPY20100215

1日あたり平均で2.00円ぐらいの値幅はあるようです。ドル円の約2倍ですね。ただ、証拠金が1.5~1.6倍となるので、資金効率の目安として、(A÷B)×100を比較すると、だいたいドル円の1.4倍ぐらいでしょうか。

次は、豪ドル円です。

1日の値幅(月ごとの集計) AUDJPY 2005年1月~
値幅AUDJPY20100215

1日あたり平均で1.30~1.40円ぐらいの値幅でしょうか。ちょっとバラついています。ポンド円とは逆に、証拠金が下がるので、(A÷B)×100を比較すると、ポンド円を上回っています。豪ドル円の方が資金効率がよいといえそうです。まあ、勝てればの話ですが・・・


簡単に自動売買ができる『FESTA』が使えるのは↓
ドリームバイザー・ファイナンシャル FX

MT4で1,000通貨から取引できるのは↓
フォレックス・ドットコムジャパン(FOREX.com)

口座開設キャンペーン キャッシュバック一覧表はこちら↓
FX 口座開設キャンペーン キャッシュバック一覧表 2010年2月

売買シグナル配信はこちら↓
FXトレード シグナル配信ポータルサイト SIG
FX7サービス NR7シグナル配信

スワップ獲得に最適なFX業者はこちら↓
フォーランドフォレックス(Foreland FOREX) フォーランドオンライン(Foreland Online)

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。