スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

2014年 米1月非農業部門雇用者数、米1月失業率

2014年2月7日(金)は、米雇用統計の発表があり、

 非農業部門雇用者数(NFP)が18.0万人増の市場予想に対し11.3万人増と大幅に下回る結果となる一方、失業率は6.6%と市場予想比で好結果となった。記録的な寒波の影響といった部分の大きい今回のNFPの結果だが、発表後はマーケットはドル売りで反応し、ドル円は下落、ドルストレートは上昇する運びとなった。ただ、証券系ストラテジストから「NFPが10万人増を下回り、前月のような失望とならないことが直近強まってきたリスク選好回復の持続の有無のカギを握る」との見解もあったように、10万人の大台については割り込まなかったことも意識されてか、ドル売りは限定的なものにとどまるとドル円・ドルストレートは発表前の水準まで戻すこととなった。

 ドル円は売りが先行。直近のリスク選好的な動きもあってドル円は102.59円まで上昇したが、米雇用統計の結果発表後は急落し101.40円を示現。その後は急低下していた米10年債利回りの反発をともなって戻りを試すと、前述の高値水準まで戻し短時間での「いって来い」となった。

 クロス円は底堅く推移。ドル円の下落によりクロス円も下押したものの、その後は底堅さを示すと、ユーロ円は139.61円、ポンド円は168.05円、豪ドル円は91.87円、NZドル円は84.94円まで上昇した。また、加ドル円は好調な加1月就業者数の結果も後押しとなり93.39円まで上値を伸ばすなど、クロス円は全般的に円売りが強まった印象。

 ドルストレートは伸び悩む。米雇用統計後のドル売りにより、ユーロドルは1.3649ドル、豪ドル/ドルは0.8999ドル、NZドル/ドルは0.8296ドルまで上昇した。ただ、その後はドルの買い戻しが入ったことから伸び悩む格好となったが底堅さを示した。ドル/加ドルは対円と同様に好調な加雇用指標の結果もあり1.0968加ドルまで加ドル買いが進んだ後は1.10加ドル台まで戻した。
(FX waveより)

結果、〔予想〕、(前回の値)は、それぞれ下記のようになっています。
(赤字:予想より弱い、青字:予想より強い

米1月非農業部門雇用者数 +11.3万人 〔+18.0万人〕 (+7.4万人)
米1月失業率 6.6% 〔6.7%〕 (6.7%)

指標発表前後の値動きがわかるように、各通貨ペアの5分足チャートを掲載しておきます。
「MetaTrader4」チャートは、フォレックス・ドットコム【FOREX.com】 でも使用出来ます。
※画像をクリックすると拡大表示されます。

前回の米雇用統計時のチャートはこちらで見られます。

USD/JPY 5分足 2014年2月7日(金) 22:30前後



GBP/JPY 5分足 2014年2月7日(金) 22:30前後



EUR/JPY 5分足 2014年2月7日(金) 22:30前後



EUR/USD 5分足 2014年2月7日(金) 22:30前後



USD/CHF 5分足 2014年2月7日(金) 22:30前後



口座開設キャンペーン キャッシュバック一覧表はこちら↓
FX 口座開設キャンペーン キャッシュバック一覧表 2014年2月

取引ごとにキャッシュバック↓
【FinalCashBack】キャンペーン!
【CashBackForex】どんな競合も打ち負かす!

売買シグナル配信はこちら↓
ワンタイムFX ドル円無料シグナル配信
シグナル配信 MASTER FX メルマガ

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。