スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

2013年 米12月非農業部門雇用者数、米12月失業率

2014年1月10日(金)は、米雇用統計の発表があり、

 失業率は予想比低下となったものの、非農業部門雇用者数(NFP)がサプライズ的に弱い結果となったことが材料視され、米債利回りの低下とともに一気にドル売りが強まった。その後はいったんドルは買い戻されたものの、NFPの結果の余韻を引きずるなかでドル売り圧力は旺盛で、ドル円は下落幅を広げ、ドルストレートはドル売り・他通貨買いが優勢となった。なお今回の結果について欧州系FXストラテジストからは「失業率は低下したが労働参加率の低下によるもので、NFPは悪天候による一時的要因や前月分の上方修正を加味しても低調な結果」と指摘している。

 ドルは売り一辺倒の展開。米雇用統計の結果発表後からドル売りが強まると、ドル円は相関性の強い米2年債利回りの低下も相まって103.83円まで下落。

 ドルストレートは、ユーロドルは1.3688ドル、ポンドドルは1.6517ドルへ上昇したほか、資源国通貨も総じて堅調に推移し、豪ドル/ドルは0.9005ドル、NZドル/ドルは0.8309ドルを示現するなど、途中で落ち着く局面を挟みながらもドル売り地合いを継続させた。

 クロス円は上下に振れる展開。ドル円の下落とドルストレートでのドル売り・他通貨買いに挟まれる格好で大きく上下に振れ、ユーロ円は本日高値となる143.11円を示現する場面が見られた後は142.07円まで反落するなど比較的短時間で荒れた動きとなった。そのほか、ポンド円は171.25円、豪ドル円は93.04円、NZドル円は86.01円まで下落した後は買い戻しが優勢となり「いって来い」となる場面が見られるなど、ドル円とドルストレートの動向に左右された。

 そのほかでは加ドルが軟調。米雇用統計と同時に発表された加12月雇用者数が予想外のマイナスとなりカナダの雇用環境の悪化が懸念されるかたちとなった。また、米雇用統計の弱い結果も隣国で米国との関係が強いカナダ経済への悪影響を意識した動きにつながったことも加ドルの重しとなり、今回の米国とカナダの雇用統計がともに加ドル売り材料となってしまった感がある。加ドル円は95.11円、ドル/加ドルは1.0946加ドルまで加ドル売りが進んだ。
(FX waveより)

結果、〔予想〕、(前回の値)は、それぞれ下記のようになっています。
(赤字:予想より弱い、青字:予想より強い

米12月非農業部門雇用者数 +7.4万人 〔+19.7万人〕 (+20.3万人)
米12月失業率 6.7% 〔7.0%〕 (7.0%)

指標発表前後の値動きがわかるように、各通貨ペアの5分足チャートを掲載しておきます。
「MetaTrader4」チャートは、フォレックス・ドットコム【FOREX.com】 でも使用出来ます。
※画像をクリックすると拡大表示されます。

前回の米雇用統計時のチャートはこちらで見られます。

USD/JPY 5分足 2014年1月10日(金) 22:30前後



GBP/JPY 5分足 2014年1月10日(金) 22:30前後



EUR/JPY 5分足 2014年1月10日(金) 22:30前後



EUR/USD 5分足 2014年1月10日(金) 22:30前後



USD/CHF 5分足 2014年1月10日(金) 22:30前後



口座開設キャンペーン キャッシュバック一覧表はこちら↓
FX 口座開設キャンペーン キャッシュバック一覧表 2013年12月

取引ごとにキャッシュバック↓
【FinalCashBack】キャンペーン!
【CashBackForex】どんな競合も打ち負かす!

売買シグナル配信はこちら↓
ワンタイムFX ドル円無料シグナル配信
シグナル配信 MASTER FX メルマガ

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。