スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

2013年 米5月非農業部門雇用者数、米5月失業率

2013年6月7日(金)は、米雇用統計の発表があり、

 非農業部門雇用者数は、+17.5万人と、市場予想+16.3万人より強い結果となったほか、同失業率は7.6%と前月の7.5%より悪化した。発表直後に、失業率の悪化が意識されて米長期金利が下げたことから、ドル売りが強まる局面もあった。しかし、徐々に指標結果の良い部分に焦点が当たり、米10年債利回りが上昇に転じるとドル高が進んだ。

 ユーロドルは、指標直後に1.3285ドルまで上昇したが、程なく反転。1.3191ドルまで本日安値を更新した。また、ポンドドルは1.5489ドル、豪ドル/ドルは0.9428ドル、NZドル/ドルは0.7858ドルまで下落した。一方で、ドルは加ドルに対して軟調。加雇用統計も強かったことから、ドル/加ドルは1.0165加ドルまでドル売り・加ドル買いが進んだ。

 ドル円・クロス円はしっかり。ドル円は、一時94.98円と4月4日以来の安値をつける場面もあったが、その後は買い戻しが優勢となり、97.80円まで反発して本日の高値を塗り替えた。クロス円も、ドル円の動きに連動。ユーロ円は、126.19円まで下押しした後は129.17円の高値をつけたほか、加ドル円は92.95円を底値に95.73円まで上昇するなど、それぞれ安値から3円近く反発した。株価が底堅かったことでリスク選好に伴う円売りの流れも、ドル円・クロス円を下支えした。
(FX waveより)

結果、〔予想〕、(前回の値)は、それぞれ下記のようになっています。
(赤字:予想より弱い、青字:予想より強い

米5月非農業部門雇用者数 +17.5万人 〔+16.3万人〕 (16.5万人)
米5月失業率 7.6% 〔7.5%〕 (7.5%)

指標発表前後の値動きがわかるように、各通貨ペアの5分足チャートを掲載しておきます。
「MetaTrader4」チャートは、フォレックス・ドットコム【FOREX.com】 でも使用出来ます。
※画像をクリックすると拡大表示されます。

前回の米雇用統計時のチャートはこちらで見られます。

USD/JPY 5分足 2013年6月7日(金) 21:30前後



GBP/JPY 5分足 2013年6月7日(金) 21:30前後



EUR/JPY 5分足 2013年6月7日(金) 21:30前後



EUR/USD 5分足 2013年6月7日(金) 21:30前後



USD/CHF 5分足 2013年6月7日(金) 21:30前後



口座開設キャンペーン キャッシュバック一覧表はこちら↓
FX 口座開設キャンペーン キャッシュバック一覧表 2013年6月

取引ごとにキャッシュバック↓
【FinalCashBack】キャンペーン!
【CashBackForex】どんな競合も打ち負かす!

売買シグナル配信はこちら↓
ワンタイムFX ドル円無料シグナル配信
シグナル配信 MASTER FX メルマガ

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。