スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

2013年 米2月非農業部門雇用者数、米2月失業率

2013年3月8日(金)は、米雇用統計の発表があり、

 米2月非農業部門雇用者数が+23.6万人と、市場予想+16.5万人を上回ったほか、失業率も7.7%と予想7.9%より良い結果となったことを受けてドル買いが優勢となった。NYタイム後半に入ってドル買いの動きは落ち着いたが、格付け会社フィッチがイタリアの格付けを「A-」から「BBB+」へ引き下げると発表したことを受けてユーロ円主導で円買い戻しが強まる場面もあった。ただ、NYダウが前日比プラスサイトでの推移を続けたほか、米長期利回りも高値水準を維持したことから、リスク回避の円買い戻しの勢いは限られた。

 雇用統計発表後にドル円は、一時2009年8月12日以来の高値となる96.60円まで急上昇したが、大幅上昇に対する反動もあり、その後は調整売りが優勢となった。格付け会社フィッチのイタリア格下げ発表後には一時95円半ばまで反落する場面もあった。ただその後は、底割れを回避したことで96円付近まで切り返した。

 クロス円は、やや荒っぽい動きに。発表直後はドル円の急騰につられ、ユーロ円が125.98円、ポンド円が144.85円、豪ドル円が99.08円、NZドル円が79.85円までレンジ上限を広げて軒並み本日高値を塗り替えた。その後は、ドルストレートでドル買いが一段と進んだことや、ドル円が上げ幅を縮小する動きが重しとなり、クロス円も上値が重くなった。イタリア格下げ発表後にはユーロ円が123.80円、NZドル円が78.28円まで下押し本日の安値を塗り替えるなど円買い戻しが進んだ。とはいえ、全体的にリスクオンに伴う円安の流れは変わらずクロス円は引けにかけて買い戻され、ユーロ円が124円後半、ポンド円が143円前半、豪ドルが98円前半、NZドル円が78円後半まで水準を戻した。

 また、ドルストレートは大幅下落。ユーロドルは1.30ドルの大台を割り込むと、昨年12月11日以来となる1.2955ドルまでレンジ下限を広げた。ポンドドルは2010年7月1日以来となる1.4885ドルまで急落したほか、豪ドル/ドルが1.0211ドル、NZドル/ドルが0.8185ドルまで下げ幅を拡大し、本日の安値を塗り替えた。
(FX waveより)

結果、〔予想〕、(前回の値)は、それぞれ下記のようになっています。
(赤字:予想より弱い、青字:予想より強い

米2月非農業部門雇用者数 +23.6万人 〔+16.5万人〕 (+15.7万人)
米2月失業率 7.7% 〔7.9%〕 (7.9%)


指標発表前後の値動きがわかるように、各通貨ペアの5分足チャートを掲載しておきます。
「MetaTrader4」チャートは、フォレックス・ドットコム【FOREX.com】 で使用出来ます。
※画像をクリックすると拡大表示されます。

前回の米雇用統計時のチャートはこちらで見られます。

USD/JPY 5分足 2013年3月8日(金) 22:30前後



GBP/JPY 5分足 2013年3月8日(金) 22:30前後



EUR/JPY 5分足 2013年3月8日(金) 22:30前後



EUR/USD 5分足 2013年3月8日(金) 22:30前後



USD/CHF 5分足 2013年3月8日(金) 22:30前後



口座開設キャンペーン キャッシュバック一覧表はこちら↓
FX 口座開設キャンペーン キャッシュバック一覧表 2013年3月

取引ごとにキャッシュバック↓
【FinalCashBack】キャンペーン!
【CashBackForex】どんな競合も打ち負かす!

売買シグナル配信はこちら↓
ワンタイムFX ドル円無料シグナル配信
シグナル配信 MASTER FX メルマガ

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。