スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

2013年 米1月非農業部門雇用者数、米1月失業率

2013年2月1日(金)は、米雇用統計の発表があり、

 非農業部門雇用者数が+15.7万人、失業率は7.9%とやや弱い結果となった。弱めの米雇用統計で、米金融緩和の早期解除の思惑が後退したことがドル安を後押ししたうえ、米1月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値や米1月ISM製造業景況指数の強い結果を受けてリスク選好の円売りやドル売りも勢いを増した。また、英銀を中心として様々なネームからユーロ買い・ポンド売りが持ち込まれたとの観測があるなか、ユーロは対資源国通貨でもボラタイルな動きとなった。ダウ平均株価は2007年以来となる1万4000ドル台を回復している。ただ、こういった楽観的な動きとは対照的に、ポンドはネガティブな展開。弱い英製造業PMIが引き続き重しとなったうえ、英格下げ懸念も根強い。

 ユーロドルは1.3711ドルまで一段高となり、2011年11月以来の高値を更新。弱い米雇用統計を手がかりに、ドル円の伸び悩みを通じたユーロ円の反落の動きがユーロドルを圧迫する場面もあったが、その後の米1月ISM製造業景況指数などは強く、リスク選好パターンのユーロ高・ドル売りが広がった。米金融緩和方針の継続期待もドル安の背景。ただ、次第に高値からは離れた。ユーロポンドは2011年10月以来、ユーロ/豪ドルとユーロ/加ドルは2011年12月9日以来の高値をつけている。

 ドル安圧力の継続が見通されるなかで、豪ドル/ドルは1.04ドル前半まで戻したほか、NZドル/ドルはNZ準備銀行(RBNZ)のタカ派姿勢が目立つようになってきていることもあり、0.8472ドルまで一段高。ドル/加ドルは強弱の米経済指標を受けて方向感がつかず、0.99加ドル後半を中心にもみ合い。ポンドドルは英格下げ懸念のなかで、1.5689ドルまで一段安となった。米英の景況感格差も背景。

 ドル円は弱い米雇用統計後のドル売りをこなすと、強い米経済指標を背景としたリスクオンやユーロ円の上げを背景に92.97円まで上昇。取引終盤にかけては米長期債利回りの上昇に連動する場面もあった。2010年6月以来の高値を更新している。

 ユーロ円はドル円につれ安し、125円割れとなった後に126.97円まで急反発、2010年4月以来の高値を塗り替えた。加ドル円は93.20円、豪ドル円は96.73円、NZドル円は78.54円まで円安が進展している。豪ドル円とNZドル円は08年8月以来の高値を更新。加ドル円は08年10月以来の高値となっている。一方で、ポンド円は伸び悩み。144.91円まで反落した後、146円台回復を試したが、戻りは限定的。
(FX waveより)

結果、〔予想〕、(前回の値)は、それぞれ下記のようになっています。
(赤字:予想より弱い、青字:予想より強い

米1月非農業部門雇用者数 +15.7万人 〔+16.5万人〕 (+15.5万人)
米1月失業率 7.9% 〔7.8%〕 (7.8%)

指標発表前後の値動きがわかるように、各通貨ペアの5分足チャートを掲載しておきます。(チャートは、フォレックス・ドットコム【FOREX.com】 のMetaTrader4[GMT 9]のものです。)
※画像をクリックすると拡大表示されます。

前回の米雇用統計時のチャートはこちらで見られます。

USD/JPY 5分足 2013年2月1日(金) 22:30前後



GBP/JPY 5分足 2013年2月1日(金) 22:30前後



EUR/JPY 5分足 2013年2月1日(金) 22:30前後



EUR/USD 5分足 2013年2月1日(金) 22:30前後



USD/CHF 5分足 2013年2月1日(金) 22:30前後



口座開設キャンペーン キャッシュバック一覧表はこちら↓
FX 口座開設キャンペーン キャッシュバック一覧表 2013年1月

取引ごとにキャッシュバック↓
【FinalCashBack】キャンペーン!
【CashBackForex】どんな競合も打ち負かす!

売買シグナル配信はこちら↓
ワンタイムFX ドル円無料シグナル配信
シグナル配信 MASTER FX メルマガ

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。