スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

2011年 米10月非農業部門雇用者数、米10月失業率

2011年11月4日(金)は、米雇用統計の発表があり、

 非農業部門雇用者数が+8万人と、市場予想+9.5万人より弱い結果となった一方で、失業率は9.0%へ低下。また、9月の非農業部門雇用者数が+15.8万人に上方修正されるなど強弱まちまちの結果となったことで、市場では材料視されづらかった。

 ユーロドルは、米雇用統計の結果発表直後のフローで1.3870ドルまで上昇したが、さらに上方向を試す動きにはつながらず。買い一巡後は、G20への期待感がはく落した影響から1.3710ドルまで下落幅を広げた。その後はギリシャ支援策の実行に対する期待感が強められたことで1.38ドル付近まで戻したが、ギリシャの信任投票をめぐっては予断を許せる状況にはなく、買いの動きも限定的だった。またユーロ円も、107.22円まで水準を下げた後に107円後半まで水準を持ち直した。

 そのほかでは、加ドルもいって来い。加10月就業者数が-5万4000人と、市場予想+1万5000人を下回ったほか、失業率も7.3%へ悪化したことから軟調な動きを続けていた加ドルは、欧州に対する不透明感も加わると、対ドルで1.0229加ドルまで加ドル安が進行した。その後は、他通貨が戻りを試す動きにあわて、加ドルも1.01加ドル半ばへ買い戻された。また、加ドル円も76.48円まで下落したあとは76円後半まで水準を戻した。

 ドル円は78円前半でもみ合い。前半にはドル買いの流れに支えられて、昨日高値の78.17円を超えて78.27円まで上昇幅を広げたものの、後半はドルの頭が抑えられたことで上値を伸ばしきれなかった。
(FX waveより)

結果、〔予想〕、(前回の値)は、それぞれ下記のようになっています。
(赤字:予想より弱い、青字:予想より強い

米10月非農業部門雇用者数 +8万人 〔+9.5万人〕 (+10.3万人)
米10月失業率 9.0% 〔9.1%〕 (9.1%)

指標発表前後の値動きがわかるように、各通貨ペアの5分足チャートを掲載しておきます。(チャートは、フォレックス・ドットコム【FOREX.com】 のMetaTrader4[GMT 9]のものです。)
※画像をクリックすると拡大表示されます。

前回の米雇用統計時のチャートはこちらで見られます。

USD/JPY 5分足 2011年11月4日(金) 21:30前後



GBP/JPY 5分足 2011年11月4日(金) 21:30前後



EUR/JPY 5分足 2011年11月4日(金) 21:30前後



EUR/USD 5分足 2011年11月4日(金) 21:30前後



USD/CHF 5分足 2011年11月4日(金) 21:30前後



口座開設キャンペーン キャッシュバック一覧表はこちら↓
FX 口座開設キャンペーン キャッシュバック一覧表 2011年11月

売買シグナル配信はこちら↓
トレーダーズファーム FXシグナル配信 ドラゴンFX
シグナル配信 MASTER FX メルマガ

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。