スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

デイリーランキング(株・資金運用ジャンル) 楽天市場 本・雑誌・コミック 2011年9月22日

株・資金運用ジャンル(本・雑誌・コミック)の楽天市場デイリーランキングです。

集計日は、2011年9月22日。

週間ランキングはこちら↓
週間ランキング(株・資金運用ジャンル) 楽天市場 本・雑誌・コミック

第1位 
コーポレート・ファイナンス(上)第8版
著者:リチャード・A.ブレーリー/スチュワート・C.マイヤーズ
出版社:日経BP社/日経BPマーケティング
発売日:2007年3月15日

1981年初版以来、改訂を重ねてきた欧米の有力ビジネス・スクールの定番テキスト『Principles of Corporate Finance』の最新版。

わが国では第6版が2002年3月にはじめて刊行され、以来、学部、大学院での教科書としてばかりでなく、企業研修のテキストとしても多数採用されている。



第2位 
売買システム入門
著者:トゥーシャー・S.シャンデ/鶴岡直哉
出版社:パンローリング
発売日:2000年9月

【送料無料】売買システム入門

【送料無料】売買システム入門
価格:8,190円(税込)

日本初!これが「"勝つ"トレーディング・システム」の全解説だ。

本書では、高名なシステム開発者であるトゥーシャー・シャンデが、トレーディング上のニーズに即した「実際的な」システムの構築法を示している。

システムを構築・運用する手助けをするために、シャンデは基本原理から最新技術までをここで取り上げている。

本書は見やすいように図表や数々の例を用いて、トレードの基本、新しいシステム、資金残高曲線分析、マネーマネジメント、データスクランブルなどについて、深く言及した日本初の投資書籍である。

簡潔かつ完璧な本書を読めば、基本概念から実際の運用までシステムデザインを作り上げる過程の複雑さがよく分かる。コンピューターを利用する投資家には必須の書籍である。



第3位 
ギャン神秘のスイングトレード
著者:ロバート・クラウス/清水昭男
出版社:パンローリング
発売日:2007年10月11日

本書は「ギャンスイングトレード」の基本戦術と上級戦術について、また複数時間枠の応用方法にまで言及した珠玉のレポートである。

不必要と思われる部分は極力排除されているため、必ずしもすべての読者が読んで楽しいと感じる本ではない。

しかし、ギャン理論、それを売買手法に具体化したクラウスのアイデア、またスイングトレードを真剣に研究したいと考える人には、多くのヒントとヒラメキをもたらすであろう。



第4位 
新マーケットの魔術師
著者:ジャック・D.シュワッガー/清水昭男
出版社:パンローリング
発売日:1999年3月15日

テーマの割にはスンナリ読める本だ。

帯にもあるとおり「投資を極めた達人たちの珠玉のインタビュー集」なのだが、投資を抜きにしても楽しめる。

著者の卓越した対話技術の賜物というべきなのか、投資のみならず人生に対する達人たちの「ポジション」(投資対象と投資額を示すこの言葉が、本書には頻繁に登場する)がかいま見えるからだ。



第5位 
CD-ROM 会社四季報 2011 秋
出版社:東洋経済新報社
発売日:2011年9月12日

文章検索機能で気になるキーワードを含む会社を瞬時にリストアップ。最新号を含め1年分の会社四季報を画面で表示できますので、前号との比較も簡単です。

豊富なデータを利用した会社の絞り込み検索を行えます。自分で条件を新規作成できますので、データを駆使してさまざまな分析が可能です。



口座開設キャンペーン キャッシュバック一覧表はこちら↓
FX 口座開設キャンペーン キャッシュバック一覧表 2011年9月

プロトレーダーを育成! FXセミナーはこちら↓
Win-invest Japan(ウィンインベストジャパン) FXセミナー

売買シグナル配信はこちら↓
トレーダーズファーム FXシグナル配信 ドラゴンFX
シグナル配信 MASTER FX メルマガ

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。