スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(9/29~)

住宅ローン関連の不良資産について公的資金で最大7000億ドルを買い取ることなどを盛り込んだ米金融安定策が発表され、やや落ちついた動きになりました。月曜日こそ下落したUSD/円ですが、その後は比較的小さい動きでした。106.89円から始まり、106.13円で終了しています。

GBP/円は、かなり限定された値動きになりました。結局195.91円から始まり195.65円で終了しています。GBP/USDは、1.8540から始まり1.8373までやや下げて終了しています。

EUR/円も、小さい値動きでした。154.89円から始まり155.19円で終了しています。EUR/USDは、1.4490から始まり1.4621まで上昇して終了しています。

先週書いた予想では、「ドル円はやや上昇、EUR、GBPともに横ばいの展開を予想します。」(来週の展開(9/22~)を参照)、としていましたが、ドル円はやや下げ、EUR、GBPは横ばいの結果になりました。

来週は、ドル円は横ばいの展開を予想します。米金融安定化法案の行方しだいですが、決定するまでは大きく動かないでしょう。3日の雇用統計も動くきっかけになるかも知れません。
クロス円は、先週大きく上昇した分、今週はやや停滞した形になりました。上昇基調は変わらず、EUR、GBPともにやや上昇の展開を予想します。が、EURについては、2日にECBの政策金利発表があり、その後に行なわれるトリシェECB総裁の記者会見で大きく動く可能性があります。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

9月29日・・・17:30 英8月マネーサプライM4・確報値(前年比) 〔-〕 (+11.5%)
9月29日・・・17:30 英8月消費者信用残高 〔12億ポンド〕 (11億ポンド)
9月29日・・・18:00 ユーロ圏9月消費者信頼感 〔-20〕 (-19)
9月29日・・・21:30 米8月個人所得 〔+0.2%〕 (-0.7%)
9月29日・・・21:30 米8月個人消費支出 〔+0.2%〕 (+0.2%)
9月29日・・・21:30 米8月PCEコアデフレーター 〔+0.2%〕 (+0.3%)

9月30日・・・08:01 英9月GfK消費者信頼感 〔-40〕 (-36)
9月30日・・・09:45 ホーニング米カンザスシティー連銀総裁、「経済・金融政策」について講演
9月30日・・・16:00 ゴンザレス・パラモECB理事、講演
9月30日・・・16:55 独9月失業者数 〔-1.8万人〕 (-4.0万人)
9月30日・・・16:55 独9月失業率 〔7.6%〕 (7.6%)
9月30日・・・17:30 英4-6月期GDP・確報値(前期比) 〔±0.0%〕 (±0.0%)
9月30日・・・17:30 英4-6月期GDP・確報値(前年比) 〔+1.4%〕 (+1.4%)
9月30日・・・18:00 ユーロ圏9月消費者物価指数・速報値(HICP、前年比) 〔+3.6%〕 (+3.8%)
9月30日・・・21:30 加7月GDP (+0.1%) (+0.1%)
9月30日・・・22:00 米7月S&P/ケースシラー住宅価格指数 〔-〕 (167.7)
9月30日・・・22:00 米7月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比) 〔-16.0%〕 (-15.9%)
9月30日・・・22:45 米9月シカゴ購買部協会景気指数(PMI) 〔54.0〕 (57.9)
9月30日・・・23:00 米9月消費者信頼感指数 〔55.0〕 (56.9)
9月30日・・・23:00 米9月ミルウォーキー購買部協会景気指数 〔-〕 (43.0)
9月30日・・・翌1:00 トリシェECB総裁、講演
9月30日・・・翌2:00 ロックハート米アトランタ連銀総裁、「経済見通し」について講演

10月1日・・・16:55 独9月製造業PMI・確報値 〔48.1〕 (48.1)
10月1日・・・17:00 ユーロ圏9月製造業PMI・確報値 〔45.3〕 (45.3)
10月1日・・・17:30 英9月製造業PMI 〔45.0〕 (45.9)
10月1日・・・18:00 ユーロ圏8月失業率 〔7.4%〕 (7.3%)
10月1日・・・18:00 トリシェECB総裁、講演
10月1日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (-10.6%)
10月1日・・・21:15 米9月ADP全国雇用者数 〔-5.0万人〕 (-3.3万人)
10月1日・・・23:00 米9月ISM製造業景況指数 〔50.0〕 (49.9)
10月1日・・・23:00 米8月建設支出 〔-0.5%〕 (-0.6%)
10月1日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (-152万バレル)

10月2日・・・15:00 英9月ネーションワイド住宅価格 〔-1.7%〕 (-1.9%)
10月2日・・・17:30 英9月建設業PMI 〔-〕 (40.5)
10月2日・・・18:00 ユーロ圏8月生産者物価指数(前年比) 〔8.5%〕 (+9.0%)
10月2日・・・20:45 欧州中央銀行(ECB)理事会、政策金利発表 〔4.25%に据え置き〕 (4.25%に据え置き)
10月2日・・・21:30 トリシェECB総裁、記者会見
10月2日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔-〕 (49.3万件)
10月2日・・・23:00 米8月製造業受注指数 〔-1.8%〕 (+1.3%)
10月2日・・・翌2:00 エバンズ米シカゴ連銀総裁、「農業市場と食品価格インフレ」に関する会議をホスト

10月3日・・・ニコニコ。 正面独市場休場(ドイツ統一記念日)
10月3日・・・09:00 ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
10月3日・・・10:45 ホーニング米カンザスシティー連銀総裁、基調講演「米経済の概況」について
10月3日・・・16:55 独9月サービス業PMI・確報値 〔49.3〕 (49.3)
10月3日・・・17:00 ユーロ圏9月サービス業PMI・確報値 〔48.2〕 (48.2)
10月3日・・・17:00 ユーロ圏9月総合PMI・確報値 〔-〕 (47.0)
10月3日・・・17:30 英9月サービス業PMI 〔48.0〕 (49.2)
10月3日・・・18:00 ユーロ圏8月小売売上高 〔+0.3%〕 (-0.4%)
10月3日・・・21:15 ライアン米財務次官補代理、講演
10月3日・・・21:30 米9月非農業部門雇用者数 〔-9.0万人〕 (-8.4万人)
10月3日・・・21:30 米9月失業率 〔6.1%〕 (6.1%)
10月3日・・・23:00 米9月ISM非製造業景況指数 〔50.0〕 (50.6)

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログ↓

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(9/22~)

リーマンショックで始まった週でした。大きく下落したUSD/円ですが、金曜日に大きく上昇して下げ分をかなり戻しています。105.97円から始まり、107.34円で終了しています。が、先週末の終値(107.87円)には届いていません。

GBP/円も、大きく下落して始まったものの、その後は急上昇しています。結局190.30円から始まり196.76円まで上げた形です。先週終値193.57円を大きく超えています。GBP/USDは、1.7971から始まり1.8303まで上昇して終了しています。

EUR/円も、上昇基調です。151.25円から始まり155.44円まで上げて終了しています。先週終値153.51円を大きく上回りました。EUR/USDは、1.4298から始まり1.4481まで上昇して終了しています。

先週書いた予想では、「ドル円は上昇、EUR、GBPともに横ばいの展開を予想します。」(来週の展開(9/15~)を参照)、としていましたが、ドル円はやや下げ、EUR、GBP/円は上昇する結果になりました。

来週は、ドル円はやや上昇の展開を予想します。金曜日に上げ過ぎたこともあり、一旦勢いが収まりそうです。クロス円は、USD/円に比べると週中盤から大きく上昇しています。EUR、GBPともに横ばいの展開を予想します。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

9月22日・・・08:01 英9月ライトムーブ住宅価格指数 〔-〕 (-2.3%)
9月22日・・・16:00 トリシェECB総裁、講演
9月22日・・・17:00 ギーブBOE副総裁、講演
9月22日・・・21:30 加7月小売売上高 〔+0.3%〕 (+0.5%)
9月22日・・・21:30 加7月小売売上高(除自動車) 〔+0.3%〕 (+1.4%)
9月22日・・・翌0:30 フィッシャー米ダラス連銀総裁、「米経済と金融業界の現状」について講演

9月23日・・・15:45 仏8月消費者支出 〔+0.3%〕 (-0.4%)
9月23日・・・16:30 独9月製造業PMI・速報値 〔49.2〕 (49.7)
9月23日・・・16:30 独9月サービス業PMI・速報値 〔50.6〕 (51.4)
9月23日・・・17:00 ユーロ圏9月製造業PMI・速報値 〔47.0〕 (47.6)
9月23日・・・17:00 ユーロ圏9月サービス業PMI・速報値 〔48.0〕 (48.5)
9月23日・・・17:00 ユーロ圏9月総合PMI・速報値 〔-〕 (48.2)
9月23日・・・18:00 ユーロ圏7月製造業受注 〔-0.9%〕 (-0.3%)
9月23日・・・20:00 加8月消費者物価指数(前年比) 〔-〕 (+3.4%)
9月23日・・・20:00 加8月消費者物価指数コア(前年比) 〔-〕 (+1.5%)
9月23日・・・23:00 米9月リッチモンド連銀製造業指数 〔-15〕 (-16)
9月23日・・・23:00 米7月住宅価格指数 〔-0.3%〕 (±0.0%)
9月23日・・・23:00 ポールソン米財務長官、バーナンキFRB議長、「信用市場の混乱」について上院銀行住宅都市委員会にて議会証言

9月24日・・・17:00 独9月Ifo景況感指数 〔94.0〕 (94.8)
9月24日・・・17:00 独9月Ifo現況指数 〔101.5〕 (103.2)
9月24日・・・17:00 独9月Ifo景気期待指数 〔87.0〕 (87.0)
9月24日・・・17:00 ユーロ圏7月経常収支 〔-〕 (82億ユーロの赤字)
9月24日・・・19:00 英9月CBI流通取引調査 〔-〕 (-46)
9月24日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (+33.4%)
9月24日・・・23:00 米8月中古住宅販売件数 〔495万件〕 (500万件)
9月24日・・・23:00 バーナンキFRB議長、「経済見通し」について上下両院合同経済委員会にて議会証言
9月24日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (-633万バレル)
9月24日・・・翌1:00 シュタルクECB理事、講演

9月25日・・・08:00 ラッカー米リッチモンド連銀総裁、講演
9月25日・・・15:10 独10月GfK消費者信頼感 〔+1.3〕 (+1.5)
9月25日・・・17:00 ユーロ圏8月マネーサプライM3(前年比) 〔+9.1%〕 (+9.3%)
9月25日・・・21:30 米8月耐久財受注 〔-1.5%〕 (+1.3%)
9月25日・・・21:30 米8月耐久財受注(除輸送用機器) 〔-0.4%〕 (+0.7%)
9月25日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔-〕 (45.5万件)
9月25日・・・23:00 米8月新築住宅販売件数 〔51.0万件〕 (51.5万件)
9月25日・・・23:40 エバンズ米シカゴ連銀総裁、ゴンザレス・パラモECB理事、シカゴ連銀主催会議にて開会挨拶
9月25日・・・翌0:00 ビーニ・スマギECB理事、講演
9月25日・・・翌1:00 バーナンキFRB議長、ポールソン米財務長官「GSE救済措置」について下院金融委員会で議会証言
9月25日・・・翌2:00 ウォルシュFRB理事、講演

9月26日・・・08:30 フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
9月26日・・・08:45 ゴンザレス・パラモECB理事、講演
9月26日・・・08:45 プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
9月26日・・・15:45 仏9月INSEE消費者信頼感指数 〔-48〕 (-48)
9月26日・・・15:45 仏4-6月期GDP・確報値(前期比) 〔-0.3%〕 (-0.3%)
9月26日・・・15:45 仏4-6月期GDP・確報値(前年比) 〔+1.1%〕 (+1.1%)
9月26日・・・21:30 米4-6月期GDP・確報値(前期比年率) 〔+3.3%〕 (+3.3%)
9月26日・・・21:30 米4-6月期GDPデフレーター・確報値(前期比年率) 〔+1.2%〕 (+1.2%)
9月26日・・・21:30 米4-6月期個人消費・確報値(前期比年率) 〔+1.7%〕 (+1.7%)
9月26日・・・21:30 米4-6月期コアPCEデフレーター・確報値(前期比年率) 〔+2.1%〕 (+2.1%)
9月26日・・・22:00 ビーニ・スマギECB理事、講演
9月26日・・・23:00 9月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値 〔71.0〕 (73.1)
9月26日・・・23:00 ブラード米セントルイス連銀総裁、講演

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログいろいろ↓

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(9/15~)

大きく窓を開けて始まった週でした。大きく上昇して108.86円から始まったドル円ですが、その後は失速。結局、107.87円で終了しています。

GBP/円も、大きく上昇して始まったものの、下落そして再び上昇と大きく上下した1週間でした。結局194.72円から始まり183.57円まで下げた形です。GBP/USDは、1.7851から始まり1.7940まで上昇して終了しています。

EUR/円は、下落基調です。156.51円から始まり153.51円まで下げて終了しています。EUR/USDは、1.4382から始まり1.4227まで下落して終了しています。といっても、先週の終値と同レベルです。

先週書いた予想では、「ドル円は上昇、EUR、GBPともに少し反発して上昇の展開を予想します。」(来週の展開(9/8~)を参照)、としていましたが、先週終値と同レベル、または上昇する結果になりました。

来週は、ドル円は上昇の展開を予想します。原油価格は少しずつですが着実に下落しているので問題ありませんが、FOMCと米証券会社の決算発表が無難に終わるかどうかに着目です。クロス円は、金曜日こそ上昇しましたが、もう下げ止まったのか微妙です。EUR、GBPともに横ばいの展開を予想します。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

9月15日・・・18:00 ユーロ圏4-6月期労働コスト(前年比) 〔+3.5%〕 (+3.3%)
9月15日・・・18:00 トリシェECB総裁、講演
9月15日・・・21:00 トゥンペル=グゲレルECB理事、講演
9月15日・・・21:30 米9月NY連銀製造業景況指数 〔+1.5〕 (+2.8)
9月15日・・・22:15 米8月鉱工業生産 〔-0.3%〕 (+0.2%)
9月15日・・・22:15 米8月設備稼働率 〔79.6%〕 (79.9%)

9月16日・・・17:30 英8月消費者物価指数(前年比) 〔+4.6%〕 (+4.4%)
9月16日・・・17:30 英8月小売物価指数(前年比) 〔+4.9%〕 (+5.0%)
9月16日・・・18:00 独9月ZEW景気期待指数 〔-52.0〕 (-55.5)
9月16日・・・18:00 独9月ZEW景気現況指数 〔-12.5〕 (-9.2)
9月16日・・・18:00 ユーロ圏9月ZEW景気期待指数 〔-〕 (-55.7)
9月16日・・・18:00 ユーロ圏8月消費者物価指数・確報値(HICP、前年比) 〔+3.8%〕 (+3.8%)
9月16日・・・ポールソン米財務長官、ロックハート連邦住宅金融局長、「GSE救済」について上院銀行住宅都市委員会にて議会証言
9月16日・・・21:30 米8月消費者物価指数 〔±0.0%〕 (+0.8%)
9月16日・・・21:30 米8月消費者物価指数・コア 〔+0.2%〕 (+0.3%)
9月16日・・・21:30 加7月製造業出荷 〔+0.8%〕 (+2.1%)
9月16日・・・22:00 米7月対米証券投資 〔-〕 (534億ドルの流入)
9月16日・・・翌0:00 ゴールドマン・サックス、決算発表
9月16日・・・翌2:00 米9月NAHB住宅市場指数 〔17〕 (16)
9月16日・・・翌3:15 米連邦公開市場委員会(FOMC)結果公表 〔2.00%で据え置き〕 (2.00%で据え置き)

9月17日・・・17:30 イングランド銀行MPC議事録、公表(9月3-4日分)
9月17日・・・17:30 英8月失業率 〔2.8%〕 (2.7%)
9月17日・・・17:30 英8月失業者数 〔+2万2500人〕 (+2万100人)
9月17日・・・18:00 ユーロ圏7月貿易収支 〔33億ユーロの赤字〕 (30億ユーロの赤字)
9月17日・・・19:00 英8月CBI製造業受注指数 〔-〕 (-13)
9月17日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (+9.5%)
9月17日・・・21:30 米4-6月期経常収支 〔▲17925億ドルの赤字〕 (▲1764億ドルの赤字)
9月17日・・・21:30 米8月住宅着工件数 〔95.0万件〕 (96.5万件)
9月17日・・・21:30 米8月建設許可件数 〔92.5万件〕 (93.7万件)
9月17日・・・21:30 加7月国際証券取引高 〔+50億加ドル〕 (+72.47億加ドル)
9月17日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (-583万バレル)
9月17日・・・翌0:00 モルガン・スタンレー、決算発表

9月18日・・・17:00 デールMPC委員、講演
9月18日・・・17:30 英8月小売売上高 〔-0.4%〕 (+0.8%)
9月18日・・・17:30 英8月マネーサプライM4(前年比) 〔+10.6%〕 (+11.2%)
9月18日・・・18:00 ユーロ圏7月建設支出 〔-〕 (-0.6%)
9月18日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔-〕 (44.5万件)
9月18日・・・21:30 加8月景気先行指数 〔±0.0%〕 (±0.0%)
9月18日・・・21:30 加7月卸売売上高 〔-〕 (+2.0%)
9月18日・・・23:00 米9月フィラデルフィア連銀製造業指数 〔-10.0〕 (-12.7)
9月18日・・・23:00 米8月景気先行指数 〔-0.2%〕 (-0.7%)

9月19日・・・16:00 シュタルクECB理事、講演
9月19日・・・翌8:00 エバンズ米シカゴ連銀総裁、「経済見通し」について講演

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログいろいろ↓ 応援クリックお願いします。

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(9/8~)

108.30円付近から始まったドル円ですが、大きく下落した後、やや回復して終了しています。GBP/円は大幅な下げ、EUR/円も大きく下げた1週間でした。USD/円は108.30円で始まり107.49円で終了しました。

GBP/円は、下げる一方。先週と同じく怒涛の下落です。結局196.13円から始まり189.56円まで下落した形です。2003年以来の安値水準です。GBP/USDは、1.8112から始まり1.7653まで下げて終了しています。

EUR/円も、怒涛の下落です。結局159.26円から始まり153.03円まで下げて終了しています。2007年8月の安値(149.23)レベルまで下げています。EUR/USDは、1.4703から始まり1.4232まで下落して終了しています。

先週書いた予想では、「ドル円、クロス円ともに、横ばいの展開を予想します。」(来週の展開(9/1~)を参照)、としていましたが、全く異なる結果になってしましました。。

来週は、ドル円は上昇の展開を予想します。原油価格も少しずつ下落しているのも追い風になるかも知れません。クロス円は、先週と今週で大きく下げたので、EUR、GBPともに少し反発して上昇の展開を予想しています。来週は、気のせいか講演が異常に多いです。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

9月8日・・・17:30 英8月生産者物価指数(前年比) 〔+10.0%〕 (+10.2%)
9月8日・・・20:00 シュタルクECB理事、講演
9月8日・・・21:30 加7月建設許可 〔-0.5%〕 (-5.3%)
9月8日・・・23:30 トゥンペル=グゲレルECB理事、講演
9月8日・・・翌2:00 フィッシャー米ダラス連銀総裁、「米経済の課題」について講演
9月8日・・・翌4:00 米7月消費者信用残高 〔90億ドル〕 (143億ドル)

9月9日・・・08:00 ゴンザレス・パラモECB理事、講演
9月9日・・・08:01 英8月RICS住宅価格 〔-84.2%〕 (-83.9%)
9月9日・・・16:00 トゥンペル=グゲレルECB理事、講演
9月9日・・・17:30 英7月鉱工業生産 〔-0.1%〕 (-0.2%)
9月9日・・・17:30 英7月製造業生産 〔-0.1%〕 (-0.5%)
9月9日・・・18:00 ウェーバー独連銀総裁、講演
9月9日・・・21:15 加8月住宅着工件数 〔19.0万件〕 (18.65万件)
9月9日・・・22:00 バーナンキFRB議長、「大学教育」について講演
9月9日・・・23:00 米7月中古住宅販売保留 〔-1.3%〕 (+5.3%)
9月9日・・・23:00 米9月IBD/TIPP景気楽観度指数 〔-〕 (42.8)
9月9日・・・23:00 米7月卸売在庫 〔+0.6%〕 (+1.1%)

9月10日・・・16:00 トリシェECB総裁、講演
9月10日・・・17:30 英7月貿易収支 〔75億ポンドの赤字〕 (76.84億ポンドの赤字)
9月10日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (+7.5%)
9月10日・・・21:30 加4-6月期労働生産率(前期比) 〔+0.3%〕 (-0.3%)
9月10日・・・22:00 スターン米ミネアポリス連銀総裁、講演
9月10日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (-190万バレル)
9月10日・・・翌1:30 ウェーバー独連銀総裁、講演

9月11日・・・16:15 パパデモスECB副総裁、講演
9月11日・・・17:00 9月ECB月報、公表
9月11日・・・18:45 欧州委員会、ユーロ圏GDP見通し公表
9月11日・・・21:30 トゥンペル=グゲレルECB理事、講演
9月11日・・・21:30 米7月貿易収支 〔580億ドルの赤字〕 (568億ドルの赤字)
9月11日・・・21:30 米8月輸入物価指数 〔-1.5%〕 (+1.7%)
9月11日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔-〕 (44.4万件)
9月11日・・・21:30 加7月貿易収支 〔57億加ドルの黒字〕 (58億加ドルの黒字)
9月11日・・・21:30 加7月新築住宅価格指数 〔-〕 (+0.1%)
9月11日・・・翌3:00 トリシェECB総裁、講演
9月11日・・・翌3:00 米8月財政収支 〔1050億ドルの赤字〕 (前年同月 1170億ドルの赤字)
9月11日・・・翌3:45 コーンFRB副議長、「経済活動」について講演

9月12日・・・14:30 トゥンペル=グゲレルECB理事、講演
9月12日・・・18:00 ユーロ圏7月鉱工業生産 〔-0.2%〕 (-0.2%)
9月12日・・・21:30 米8月生産者物価指数 〔-0.5%〕 (+1.2%)
9月12日・・・21:30 米8月生産者物価指数・コア 〔+0.2%〕 (+0.7%)
9月12日・・・21:30 米8月小売売上高 〔+0.1%〕 (-0.1%)
9月12日・・・21:30 米8月小売売上高(除自動車) 〔-0.2%〕 (+0.4%)
9月12日・・・23:00 9月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値 〔63.9〕 (63.0)
9月12日・・・23:00 米7月企業在庫 〔+0.5%〕 (+0.7%)

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログいろいろ↓ 応援クリックお願いします。

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。