スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(9/1~)

110円付近から始まったドル円ですが、大きく上昇することなく下げて終了しています。GBP/円は大幅な下げ、EUR/円も大きく下げた1週間でした。USD/円は109.99円で始まり108.78円で終了しました。

GBP/円は、下げる一方。先々週の怒涛の下落の再来です。結局203.69円から始まり198.29円まで下落した形です。3/17の安値(192.46円)に近づいてきています。GBP/USDは、1.8512から始まり1.8205まで下げて終了しています。

EUR/円も、依然として下落基調でした。結局162.66円から始まり159.66円まで下げて終了しています。5/9の安値(158.60)に急接近しています。さらに下落が続けば、3月の安値(151円台)が見えてきそうです。EUR/USDは、1.4784から始まり1.4676まで下落して終了しています。

先週書いた予想では、「ドル円、クロス円ともに、やや上昇の展開を予想します。」(来週の展開(8/25~)を参照)、としていましたが、全く異なる結果になってしましました。。

来週は、ドル円は横ばいの展開を予想します。原油価格の下落も落ち着いてきており、膠着状態と見ています。クロス円は、今週大きく下げたので、EUR、GBPともに横ばいの展開を予想しています。来週は、BOE、ECBの政策金利発表があり(ともに据え置きの予想ですが)、大きく左右しそうです。とくに、発表後のトリシェECB総裁の記者会見では、いつも大きな値動きがあるので要注意ですね。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

9月1日・・・16:55 独8月製造業PMI・確報値 〔49.9〕 (49.9)
9月1日・・・17:00 ユーロ圏8月製造業PMI・確報値 〔47.5〕 (47.5)
9月1日・・・17:30 英7月マネーサプライM4・確報値(前年比) 〔-〕 (+11.2%)
9月1日・・・17:30 英7月消費者信用残高 〔8億ポンド〕 (9億ポンド)
9月1日・・・17:30 英8月製造業PMI 〔44.1〕 (44.3)
9月1日・・・18:15 トゥンペル=グゲレルECB理事、講演
9月1日・・・21:30 パパデモスECB副総裁、講演
9月1日・・・ニコニコ。 正面米・加休場(レイバーデー)
9月1日・・・22:30 クロズナーFRB理事、「金融システム」について講演
9月1日・・・翌3:45 ホーニング米カンザスシティー連銀総裁、「金融市場の混乱がもたらす新興国への影響」について講演

9月2日・・・17:30 英8月建設業PMI 〔-〕 (36.7)
9月2日・・・18:00 ユーロ圏7月生産者物価指数(前年比) 〔+9.1%〕 (+8.0%)
9月2日・・・23:00 米8月ISM製造業景況指数 〔49.8〕 (50.0)
9月2日・・・23:00 米7月建設支出 〔-0.5%〕 (-0.4%)

9月3日・・・英金融政策委員会(MPC、~4日)
9月3日・・・08:01 英8月ネーションワイド消費者信頼感 〔-〕 (51)
9月3日・・・16:55 独8月サービス業PMI・確報値 〔50.6〕 (50.6)
9月3日・・・17:00 ユーロ圏8月サービス業PMI・確報値 〔48.2〕 (48.2)
9月3日・・・17:00 ユーロ圏8月総合PMI・確報値 〔-〕 (48.0)
9月3日・・・17:30 英8月サービス業PMI 〔47.0〕 (47.4)
9月3日・・・18:00 ユーロ圏7月小売売上高 〔-0.1%〕 (-0.6%)
9月3日・・・18:00 ユーロ圏第2四半期GDP・改定値(前期比) 〔-0.2%〕 (-0.2%)
9月3日・・・18:00 ユーロ圏第2四半期GDP・改定値(前年比) 〔+1.5%〕 (+1.5%)
9月3日・・・22:30 トゥンペル=グゲレルECB理事、講演
9月3日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (+0.5%)
9月3日・・・22:00 カナダ銀行(BOC)政策金利発表 〔3.00%で据え置き〕 (3.00%で据え置き)
9月3日・・・23:00 米7月製造業受注指数 〔+0.7%〕 (+1.7%)
9月3日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (-18万バレル)
9月3日・・・翌1:30 ローゼングレン米ボストン連銀総裁、「米経済情勢と住宅ローン問題」講演
9月3日・・・翌3:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

9月4日・・・19:00 独7月製造業受注 〔±0.0%〕 (-2.9%)
9月4日・・・20:00 イングランド銀行英金融政策委員会(MPC)、政策金利発表 〔5.00%に据え置き〕 (5.00%に据え置き)
9月4日・・・20:45 欧州中央銀行(ECB)理事会、政策金発表 〔4.25%に据え置き〕 (4.25%に据え置き)
9月4日・・・21:30 トリシェECB総裁、記者会見
9月4日・・・21:15 米8月ADP全国雇用者数 〔-2.0万人〕 (+0.9万人)
9月4日・・・21:30 米第2四半期非農業部門労働生産性・確報値(前期比年率) 〔+3.0%〕 (+2.2%)
9月4日・・・21:30 米第2四半期単位労働コスト・確報値(前期比年率) 〔+0.6%〕 (+1.3%)
9月4日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔43.0万件〕 (42.5万件)
9月4日・・・23:00 米8月ISM非製造業景況指数 〔49.4〕 (49.5)
9月4日・・・翌2:40 フィッシャー米ダラス連銀総裁、「米経済の課題」について講演
9月4日・・・翌3:30 イエレン米SF連銀総裁、「米経済見通し」について講演

9月5日・・・15:50 トリシェECB総裁、ビーニ・スマギECB理事、講演
9月5日・・・19:00 独7月鉱工業生産 〔-0.3%〕 (+0.2%)
9月5日・・・19:30 ゴンザレス・パラモECB理事、講演
9月5日・・・20:00 加8月失業率 〔6.2%〕 (6.1%)
9月5日・・・20:00 加8月就業者数 〔+5万人〕 (-5万5200人)
9月5日・・・21:30 米8月非農業部門雇用者数 〔-7万人〕 (-5.1万人)
9月5日・・・21:30 米8月失業率 〔5.7%〕 (5.7%)
9月5日・・・23:00 加8月Ivey購買部景況指数 〔62.0〕 (65.5)
9月5日・・・翌4:55 イエレン米SF連銀総裁、「米経済見通し」について講演

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログいろいろ↓ 応援クリックお願いします。

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(8/25~)

110円台前半から始まったドル円ですが、一旦108円台前半まで下げた後は回復を見せ、110円近辺まで戻しました。GBP/円は下げ、EUR/円は若干上昇した1週間でした。USD/円は110.44円で始まり110.01円で終了しました。

GBP/円は、前週の怒涛の下落の流れを受けて下落。結局205.89円から始まり203.75円まで下落した形です。ただし、途中202円台まで下げています。GBP/USDは、1.864から始まり1.852まで下げて終了しています。

EUR/円は、やや上昇基調でした。結局162.20円から始まり162.61円まで上げて終了しています。EUR/USDは、1.468から始まり1.478まで上昇して終了しています。

先週書いた予想では、「ドル円はやや上昇の展開を予想します。」(来週の展開(8/18~)を参照)、としていましたが、ドル円とクロス円の動きがやや異なる結果ですが、大雑把に言ってしまえば、ほぼ横ばいの展開となり、上昇までは至りませんでした。

来週こそは、ドル円はやや上昇の展開を予想します。また、原油価格も再び下落しており、この勢いで上昇すると見ています。クロス円は、特にEUR、GBPはやや上昇の展開を予想しています。来週は、独・米のGDPの発表があり、大きく左右しそうな気がします。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

8月25日・・・ニコニコ。 正面ロンドン市場休場(サマー・バンクホリデー)
8月25日・・・23:00 米7月中古住宅販売件数 〔490万件〕 (486万件)

8月26日・・・15:00 独第2四半期GDP・確報値(前期比) 〔-0.5%〕 (+1.5%)
8月26日・・・15:00 独第2四半期GDP・確報値(前年比) 〔+1.7%〕 (+2.6%)
8月26日・・・15:10 独9月GfK消費者信頼感 〔+2.0〕 (+2.1)
8月26日・・・17:00 独8月Ifo景況感指数 〔97.2〕 (97.5)
8月26日・・・17:00 独8月Ifo現況指数 〔104.8〕 (105.7)
8月26日・・・17:00 独8月Ifo景気期待指数 〔90.3〕 (90.0)
8月26日・・・22:00 米6月S&P/ケースシラー住宅価格指数 〔-〕 (168.5)
8月26日・・・22:00 米6月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比) 〔-16.2%〕 (-15.8%)
8月26日・・・23:00 米8月消費者信頼感指数 〔53.0〕 (51.9)
8月26日・・・23:00 米8月リッチモンド連銀製造業指数 〔-10〕 (-16)
8月26日・・・23:00 米7月新築住宅販売件数 〔52.5万件〕 (53.0万件)
8月26日・・・翌3:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録、公表(8月5日開催分)

8月27日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (-1.5%)
8月27日・・・21:30 米7月耐久財受注 〔+0.1%〕 (+0.8%)
8月27日・・・21:30 米7月耐久財受注(除輸送用機器) 〔-0.5%〕 (+2.0%)
8月27日・・・21:30 ロックハート米アトランタ連銀総裁、「インフレ動向」について講演
8月27日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (+939万バレル)

8月28日・・・16:55 独8月失業率 〔7.8%〕 (7.8%)
8月28日・・・16:55 独8月失業者数 〔-1万人〕 (-2万人)
8月28日・・・17:00 ユーロ圏7月マネーサプライM3(前年比) 〔+9.0%〕 (+9.5%)
8月28日・・・18:00 ユーロ圏8月消費者信頼感 〔-20〕 (-20)
8月28日・・・19:00 英8月CBI流通取引調査 〔-〕 (-36)
8月28日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔-〕 (43.2万件)
8月28日・・・21:30 米第2四半期GDP・改定値(前期比年率) 〔+2.8%〕 (+1.9%)
8月28日・・・21:30 米第2四半期GDPデフレーター・改定値(前期比年率) 〔+1.1%〕 (+1.1%)
8月28日・・・21:30 米第2四半期個人消費・改定値(前期比年率) 〔+1.6%〕 (+1.5%)
8月28日・・・21:30 米第2四半期コアPCEデフレーター・改定値(前期比年率) 〔+2.2%〕 (+2.2%)
8月28日・・・21:30 加第2四半期経常収支 〔80億加ドルの黒字〕 (56億加ドルの黒字)

8月29日・・・08:01 英8月GfK消費者信頼感 〔-40〕 (-39)
8月29日・・・18:00 ユーロ圏8月消費者物価指数・速報値(HICP、前年比) 〔+3.9%〕 (+4.1%)
8月29日・・・18:00 ユーロ圏7月失業率 〔7.3%〕 (7.3%)
8月29日・・・21:30 米7月個人所得 〔±0.0%〕 (+0.1%)
8月29日・・・21:30 米7月個人消費支出 〔+0.3%〕 (+0.6%)
8月29日・・・21:30 米7月PCEコアデフレーター 〔+0.3%〕 (+0.3%)
8月29日・・・21:30 加6月GDP (+0.2%) (-0.1%)
8月29日・・・22:45 米8月シカゴ購買部協会景気指数(PMI) 〔49.9〕 (50.8)
8月29日・・・23:00 8月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値 〔62.0〕 (61.7)
8月29日・・・23:00 米8月ミルウォーキー購買部協会景気指数 〔-〕 (44.0)

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログいろいろ↓ 応援クリックお願いします。

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(8/18~)

110円台前半から始まったドル円ですが、一旦108円台前半まで下げた後は急回復を見せ、110円台半ばまで戻しました。GBP/円とEUR/円は大きく下げた1週間でした。USD/円は110.31円で始まり110.49円で終了しました。

GBP/円は、怒涛の下落。下落幅が大きく、結局211.02円から始まり206.06円まで下落した形です。ただし、途中202円台まで下げています。GBP/USDは、1.920台から始まり1.860台まで大幅に下げて終了しています。

EUR/円は、引き続き下げ基調でした。結局164.90円から始まり162.27円まで下げて終了しています。EUR/USDは、1.490台から始まり一時1.500台に乗せましたが、その後は一方的に下げ、結局は1.460台まで大幅に下げて終了。

先週書いた予想では、「横ばいの展開を予想します。」(来週の展開(8/11~)を参照)、としていましたが、ドル円とクロス円の動きが大きく異なり、クロス円については予想外の展開となりました。

来週は、ドル円はやや上昇の展開を予想します。また、米株式の上昇、原油価格の下落などが進行しており、この勢いで上昇すると見ています。クロス円は、特にEUR、GBPはすぐに先週始めのレベルには戻せないでしょう。戻しても、わずかな上昇にとどまりそうな気がします。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

8月18日・・・08:01 英8月ライトムーブ住宅価格指数 〔-〕 (-1.8%)
8月18日・・・18:00 ユーロ圏6月貿易収支(季調前) 〔12億ユーロの黒字〕 (46億ユーロの赤字)
8月18日・・・21:30 加6月国際証券取引高 〔+60億加ドル〕 (+107.17億加ドル)
8月18日・・・翌2:00 米8月NAHB住宅市場指数 〔16〕 (16)

8月19日・・・18:00 独8月ZEW景気期待指数 〔-61.8〕 (-63.9)
8月19日・・・18:00 独8月ZEW景気現況指数 〔+13.0〕 (+17.0)
8月19日・・・18:00 ユーロ圏8月ZEW景気期待指数 〔-〕 (-63.7)
8月19日・・・21:30 米7月生産者物価指数 〔+0.5%〕 (+1.8%)
8月19日・・・21:30 米7月生産者物価指数・コア 〔+0.2%〕 (+0.2%)
8月19日・・・21:30 米7月住宅着工件数 〔96.0万件〕 (106.6万件)
8月19日・・・21:30 米7月建設許可件数 〔97.0万件〕 (109.1万件)
8月19日・・・21:30 加6月卸売売上高 〔+0.5〕 (+1.6%)
8月19日・・・23:00 フィッシャー米ダラス連銀総裁、「米景気見通し」について講演

8月20日・・・17:30 英7月マネーサプライM4(前年比) 〔-〕 (+11.4%)
8月20日・・・17:30 イングランド銀行MPC議事録、公表(8月6-7日分)
8月20日・・・18:00 ユーロ圏6月建設支出 〔-〕 (+0.2%)
8月20日・・・19:00 英8月CBI製造業受注指数 〔-〕 (-8)
8月20日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (-1.5%)
8月20日・・・21:30 加7月景気先行指数 〔+0.1〕 (±0.0%)
8月20日・・・21:30 加6月小売売上高 〔+0.4%〕 (+0.4%)
8月20日・・・21:30 加6月小売売上高(除自動車) 〔+0.6%〕 (+0.4%)
8月20日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (-8万バレル)

8月21日・・・16:30 独8月製造業PMI・速報値 〔50.5〕 (50.9)
8月21日・・・16:30 独8月サービス業PMI・速報値 〔52.0〕 (53.1)
8月21日・・・17:00 ユーロ圏8月製造業PMI・速報値 〔47.1〕 (47.4)
8月21日・・・17:00 ユーロ圏8月サービス業PMI・速報値 〔48.0〕 (48.3)
8月21日・・・17:00 ユーロ圏8月総合PMI・速報値 〔-〕 (47.8)
8月21日・・・17:30 英7月小売売上高 〔-0.2%〕 (-3.9%)
8月21日・・・20:00 加7月消費者物価指数(前年比) 〔+3.3%〕 (+3.1%)
8月21日・・・20:00 加7月消費者物価指数コア(前年比) 〔+1.6〕 (+1.5%)
8月21日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔-〕 (45.0万件)
8月21日・・・23:00 米8月フィラデルフィア連銀製造業指数 〔-15.0〕 (-16.3)
8月21日・・・23:00 米7月景気先行指数 〔-0.2%〕 (-0.1%)

8月22日・・・17:00 ユーロ圏6月経常収支(季調済) 〔-〕 (73億ユーロの赤字)
8月22日・・・17:30 英第2四半期GDP・改定値(前期比) 〔+0.2%〕 (+0.2%)
8月22日・・・17:30 英第2四半期GDP・改定値(前年比) 〔+1.6%〕 (+1.6%)
8月22日・・・18:00 ユーロ圏6月製造業受注 〔-1.4%〕 (-3.5%)
8月22日・・・23:00 バーナンキFRB議長、「金融安定」について講演

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログいろいろ↓ 応援クリックお願いします。

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(8/11~)

今週のドル円はしばらく壁になっていた108円から突き抜けて上昇。GBP/円とEUR/円は下げた1週間でした。USD/円は107.63で始まり110.15で終了しました。

GBP/円は、上昇後に下落。下落幅が大きく、結局212.57円から始まり211.63円まで下落した形です。GBP/USDは、1.970台から始まり1.920台まで大幅に下げて終了しています。

EUR/円は、前半はやや上げ基調だったものの、トリシェECB総裁の記者会見から急落して、結局167.60円から始まり165.46円まで下げて終了しています。EUR/USDは、1.550付近から始まりましたが、結局は1.500台まで大幅に下げて終了。

先週書いた予想では、「横ばいの展開を予想します。」(来週の展開(8/4~)を参照)、としていましたが、ドル円とクロス円の動きがバラバラで予想外の展開となりました。

来週は、全体的には横ばいの展開を予想します。また、米株式の上昇、原油価格の下落などが進行しており上昇する可能性はあります。が、今週はドルだけ上昇しており、一旦調整があるとみています。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

8月11日・・・17:30 英7月生産者物価指数(前年比) 〔+10.3%〕 (+10.0%)
8月11日・・・17:30 英6月貿易収支 〔-7400億ポンドの赤字〕 (-7494億ポンドの赤字)
8月11日・・・21:15 加7月住宅着工件数 〔21.5万件〕 (21.78万件)
8月11日・・・21:30 加6月新築住宅価格指数 〔+0.1〕 (±0.0%)

8月12日・・・UBS第2四半期決算発表
8月12日・・・08:01 英7月RICS住宅価格 〔-87.0%〕 (-88.8%)
8月12日・・・17:30 英7月消費者物価指数(前年比) 〔+4.2%〕 (+3.8%)
8月12日・・・17:30 英7月小売物価指数(前年比) 〔+4.9%〕 (+4.6%)
8月12日・・・17:30 英6月DCLG住宅価格 〔+1.5%〕 (+3.7%)
8月12日・・・21:30 米6月貿易収支 〔615億ドルの赤字〕 (598億ドルの赤字)
8月12日・・・21:30 加6月貿易収支 〔58億加ドルの黒字〕 (55億加ドルの黒字)
8月12日・・・23:00 米8月IBD/TIPP景気楽観度指数 〔-〕 (37.4)
8月12日・・・翌3:00 米7月財政収支 〔692億ドルの赤字〕 (364億ドルの赤字)

8月13日・・・INGグループ、第2四半期決算発表
8月13日・・・17:30 英7月失業率 〔2.6%〕 (2.6%)
8月13日・・・17:30 英7月失業者数 〔+1万7000人〕 (+1万5500人)
8月13日・・・18:00 ユーロ圏6月鉱工業生産 〔+0.1%〕 (-1.9%)
8月13日・・・19:30 イングランド銀行・四半期インフレレポート
8月13日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (+2.8%)
8月13日・・・21:30 米7月輸入物価指数 〔+1.0%〕 (+2.6%)
8月13日・・・21:30 米7月小売売上高 〔+0.2%〕 (+0.1%)
8月13日・・・21:30 米7月小売売上高(除自動車) 〔+0.6%〕 (+0.8%)
8月13日・・・23:00 米6月企業在庫 〔+0.4%〕 (+0.3%)
8月13日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (+170万バレル)

8月14日・・・15:00 独第2四半期GDP・速報値(前期比) 〔-0.8%〕 (+1.5%)
8月14日・・・15:00 独7月消費者物価指数・確報値(前年比) 〔+3.3%〕 (+3.3%)
8月14日・・・15:45 仏第2四半期GDP・速報値(前期比) 〔+0.6%〕 (+0.4%)
8月14日・・・17:00 8月ECB月報、公表
8月14日・・・18:00 ユーロ圏第2四半期GDP(速報値・前期比) 〔+0.5%〕 (+0.4%)
8月14日・・・18:00 ユーロ圏第2四半期GDP(速報値・前年比) 〔+1.8%〕 (+1.8%)
8月14日・・・21:30 米7月消費者物価指数 〔+0.4%〕 (+1.1%)
8月14日・・・21:30 米7月消費者物価指数・コア 〔+0.2%〕 (+0.3%)
8月14日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔-〕 (45.5万件)

8月15日・・・仏市場休場(聖母被昇天祭)
8月15日・・・21:30 米8月NY連銀製造業景況指数 〔-4.5〕 (-4.9)
8月15日・・・21:30 加6月製造業出荷 〔+1.0%〕 (+2.7%)
8月15日・・・22:00 米6月対米証券投資 〔500億ドルの流入〕 (670億ドルの流入)
8月15日・・・22:15 米7月鉱工業生産 〔+0.1%〕 (+0.5%)
8月15日・・・22:15 米7月設備稼働率 〔79.8%〕 (79.9%)
8月15日・・・23:00 8月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値 〔62.0〕 (61.2)

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログいろいろ↓ 応援クリックお願いします。

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(8/4~)

今週は、ドル円が108円から上が重く横ばい、GBP/円とEUR/円は大きく下げた1週間でした。USD/円は107.83で始まり107.65で終了しました。

GBP/円は、213~214円台のレンジが続き、最後に下落しました。結局、214.74円から始まり212.66円まで下落した形です。GBP/USDは、1.990台から始まり1.970台まで下げて終了しています。

EUR/円は、始めからじわりと下げる展開でした。169.33円から始まり167.48円まで下げて終了しています。EUR/USDは、1.570付近から始まりましたが、結局は1.550台まで下げて終了。

先週書いた予想では、「引き続き上昇の展開を予想します。」(来週の展開(7/28~)を参照)、としていましたが、全く予想外の展開でした。

来週は、横ばいの展開を予想します。政策金利の発表がありますが、すべて据え置きの予想です。また、米株式の上昇、原油価格の下落などは大幅には期待できないと見ています。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

8月4日・・・HSBC、決算発表
8月4日・・・17:30 英7月建設業PMI 〔-〕 (38.8)
8月4日・・・18:00 ユーロ圏6月生産者物価指数(前年比) 〔+7.9%〕 (+7.1%)
8月4日・・・21:30 米6月個人所得 〔▲0.2%〕 (+1.9%)
8月4日・・・21:30 米6月個人消費支出 〔+0.5%〕 (+0.8%)
8月4日・・・21:30 米6月PCEコアデフレーター 〔+0.2%〕 (+0.1%)
8月4日・・・23:00 米6月製造業受注指数 〔+0.7%〕 (+0.6%)

8月5日・・・スタンダードチャータード銀行、決算発表
8月5日・・・14:00 ソシエテ・ジェネラル、第2四半期決算発表
8月5日・・・16:55 独7月サービス業PMI・確報値 〔53.3〕 (53.3)
8月5日・・・17:00 ユーロ圏7月サービス業PMI・確報値 〔48.3〕 (48.3)
8月5日・・・17:00 ユーロ圏7月総合PMI・確報値 〔-〕 (47.8)
8月5日・・・17:30 英7月サービス業PMI 〔46.8〕 (47.1)
8月5日・・・17:30 英6月鉱工業生産 〔+0.2%〕 (▲0.8%)
8月5日・・・17:30 英6月製造業生産 〔+0.2%〕 (▲0.5%)
8月5日・・・18:00 ユーロ圏7月小売売上高 〔▲0.6%〕 (+1.1%)
8月5日・・・23:00 米7月ISM非製造業景況指数 〔48.0〕 (48.2)
8月5日・・・翌3:15 米連邦公開市場委員会(FOMC)結果公表 〔2.00%で据え置き〕 (2.00%で据え置き)

8月6日・・・英金融政策委員会(MPC、~7日)
8月6日・・・コメルツ銀行、第2四半期決算発表
8月6日・・・14:00 BNPパリバ、第2四半期決算発表
8月6日・・・19:00 独6月製造業受注 〔+0.3%〕 (▲0.9%)
8月6日・・・フレディマック第2四半期決算発表
8月6日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (▲14.1%)
8月6日・・・23:00 加7月Ivey購買部景況指数 〔62.5〕 (69.6)
8月6日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (▲8万バレル)

8月7日・・・バークレイズ銀行、決算発表
8月7日・・・14:00 アリアンツ、第2四半期決算発表
8月7日・・・19:00 独6月鉱工業生産 〔+0.8%〕 (▲2.4%)
8月7日・・・20:00 イングランド銀行英金融政策委員会(MPC)、政策金利発表 〔5.00%に据え置き〕 (5.00%に据え置き)
8月7日・・・20:45 欧州中央銀行(ECB)理事会、政策金発表 〔4.25%に据え置き〕 (4.25%に据え置き)
8月7日・・・21:30 トリシェECB総裁、記者会見
8月7日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔41.3万件〕 (44.8万件)
8月7日・・・21:30 加6月建設許可 〔▲0.1%〕 (+1.1%)
8月7日・・・23:00 米6月中古住宅販売保留 〔▲1.0%〕 (▲4.7%)
8月7日・・・翌4:00 米6月消費者信用残高 〔64億ドル〕 (78億ドル)

8月8日・・・ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)、決算発表
8月8日・・・20:00 加7月失業率 〔6.2%〕 (6.2%)
8月8日・・・20:00 加7月就業者数 〔+5000人〕 (▲5000人)
8月8日・・・21:30 米第2四半期非農業部門労働生産性・速報値(前期比年率) 〔+2.6%〕 (+2.6%)
8月8日・・・21:30 米第2四半期単位労働コスト・速報値(前期比年率) 〔+1.2%〕 (+2.2%)
8月8日・・・23:00 米6月卸売在庫 〔+0.6%〕 (+0.8%)

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログいろいろ↓ 応援クリックお願いします。

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。