スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(7/28~)

今週は、途中上下はありましたが、ドル円、GBP/円は結果としてやや上昇した1週間でした。ただし、EUR/円は横ばいでした。結局、USD/円は106.90で始まり107.85で終了しました。

GBP/円は、途中上下はありましたが、213.34円から始まり214.72円まで上昇した形です。GBP/USDは、2.000台から一時1.980台まで下げましたが、何とか1.990台で終了しています。

EUR/円も、途中上下がありましたが、169.33円から始まり、169.36円で終了し、横ばいの結果です。EUR/USDは、1.565まで下げましたが、1.570付近まで戻しています。全体としては、下げ基調でした。

先週書いた予想では、「引き続き上昇の展開を予想します。」(来週の展開(7/21~)を参照)、としていましたが、ドル円、ポンド円はほぼ予想通りの展開でした。

来週も、引き続き上昇の展開を予想します。米金融機関の決算発表も無事に?終了し、米株式の下げとまり感、原油価格の調整など、外部の要因は良くなりつつあります。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

7月28日・・・ABNアムロ、第2四半期決算発表
7月28日・・・翌1:30 ミシュキンFRB理事、「FRBの対話の行方」について講演

7月29日・・・15:40 仏7月INSEE消費者信頼感指数 〔▲47〕 (▲46)
7月29日・・・17:30 英6月マネーサプライM4・確報値(前年比) 〔-〕 (+11.5%)
7月29日・・・17:30 英6月消費者信用残高 〔11億ポンド〕 (14億ポンド)
7月29日・・・19:00 英7月CBI流通取引調査 〔-〕 (▲9)
7月29日・・・22:00 米5月S&P/ケースシラー住宅価格指数 〔-〕 (169.9)
7月29日・・・22:00 米5月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比) 〔▲16.0%〕 (▲15.30%)
7月29日・・・23:00 米7月消費者信頼感指数 〔50.0〕 (50.4)
7月29日・・・翌1:30 マコーミック米財務次官、講演

7月30日・・・HBOS、決算発表
7月30日・・・15:00 ロイズTSB、決算発表
7月30日・・・18:00 ユーロ圏7月消費者信頼感 〔▲18〕 (▲17)
7月30日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (▲6.2%)
7月30日・・・21:15 米7月ADP全国雇用者数 〔▲6.0万人〕 (▲7.9万人)
7月30日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (▲156万バレル)

7月31日・・・ドイツ銀行、第2四半期決算発表
7月31日・・・08:01 英7月GfK消費者信頼感 〔▲37〕 (▲34)
7月31日・・・15:00 英7月ネーションワイド住宅価格 〔-〕 (▲0.9%)
7月31日・・・16:55 独7月失業率 〔7.8%〕 (7.8%)
7月31日・・・16:55 独7月失業者数 〔▲2万人〕 (▲3万8000人)
7月31日・・・18:00 ユーロ圏7月消費者物価指数・速報値(HICP、前年比) 〔+4.2%〕 (+4.0%)
7月31日・・・18:00 ユーロ圏6月失業率 〔7.2%〕 (7.2%)
7月31日・・・21:30 米第2四半期GDP・速報値(前期比年率) 〔+2.0%〕 (+1.0%)
7月31日・・・21:30 米第2四半期GDPデフレーター・速報値(前期比年率) 〔+2.8%〕 (+2.7%)
7月31日・・・21:30 米第2四半期個人消費・速報値(前期比年率) 〔+1.3%〕 (+1.1%)
7月31日・・・21:30 米第2四半期コアPCEデフレーター・速報値(前期比年率) 〔+2.0%〕 (+2.3%)
7月31日・・・21:30 米第2四半期雇用コスト指数(前期比) 〔+0.7%〕 (+0.7%)
7月31日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔38.0万件〕 (40.6万件)
7月31日・・・21:30 加5月GDP (+0.2%〕 (+0.4%)
7月31日・・・22:45 米7月シカゴ購買部協会景気指数(PMI) 〔49.0〕 (49.6)
7月31日・・・23:00 米7月ミルウォーキー購買部協会景気指数 〔45.0〕 (39.0)

8月1日・・・ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)、決算発表
8月1日・・・16:55 独7月製造業PMI・確報値 〔-〕 (50.9)
8月1日・・・17:00 ユーロ圏7月製造業PMI・確報値 〔-〕 (47.5)
8月1日・・・17:30 英7月製造業PMI 〔45.7〕 (45.8)
8月1日・・・21:30 米7月非農業部門雇用者数 〔▲7.3万人〕 (▲6.2万人)
8月1日・・・21:30 米7月失業率 〔5.6%〕 (5.5%)
8月1日・・・23:00 米7月ISM製造業景況指数 〔49.2〕 (50.2)
8月1日・・・23:00 米6月建設支出 〔▲0.3%〕 (▲0.4%)

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログいろいろ↓ 応援クリックお願いします。

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(7/21~)

今週は、米金融機関の第2四半期決算発表を前にドル、クロス円が急落して、その後は元に戻ってくるという動きの1週間でした。結局、USD/円は106.09で始まり106円台後半で終了しそうです。

GBP/円は、下げが小さかったので、211.24円から始まり213円台前半まで上昇して終了しそうです。GBP/USDは、一時2.010台まで上昇しましたが、その後やや戻して1.900台で終わりそうです。

EUR/円は、戻りの場面で戻しきれず、結局169.39円で始まり、169.00円台前半で終了しそうです。

先週書いた予想では、「上昇の展開を予想します。」(来週の展開(7/21~)を参照)、としていましたが、前半の下落が響き、USD/円はわずかな上昇にとどまりました。

来週は、引き続き上昇の展開を予想します。米金融機関の決算発表も大きな混乱は無く、米株式の下げとまり、原油価格の調整など、マイナス要因が消えつつあります。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

7月21日・・・08:01 英7月ライトムーブ住宅価格指数 〔-〕 (▲1.2%)
7月21日・・・バンク・オブ・アメリカ(BOA)第2四半期決算発表
7月21日・・・23:00 米6月景気先行指数 〔▲0.1%〕 (+0.1%)

7月22日・・・キング・イングランド銀行総裁、ギーブ副総裁、講演
7月22日・・・カントリーワイド・ファイナンシャル第2四半期決算発表
7月22日・・・20:00 ワコビア第2四半期決算発表
7月22日・・・21:00 ポールソン米財務長官、「米国経済と金融市場について」講演
7月22日・・・21:30 加5月小売売上高 〔+0.5%〕 (+0.1%)
7月22日・・・21:30 加5月小売売上高(除自動車) 〔+0.8〕 (+0.1%)
7月22日・・・23:00 米7月リッチモンド連銀製造業指数 〔▲10〕 (▲12)
7月22日・・・23:00 米5月住宅価格指数 〔-〕 (▲0.8%)

7月23日・・・15:45 仏6月消費者支出 〔▲0.6%〕 (+2.0%)
7月23日・・・17:30 イングランド銀行MPC議事録、公表(7月9-10日分)
7月23日・・・18:00 ユーロ圏5月製造業受注 〔▲0.9%〕 (+2.5%)
7月23日・・・19:00 英7月CBI製造業受注指数 〔-〕 (+1)
7月23日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (+1.7%)
7月23日・・・20:00 加6月消費者物価指数(前年比) 〔+2.9%〕 (+2.2%)
7月23日・・・20:00 加6月消費者物価指数コア(前年比) 〔+1.6〕 (+1.5%)
7月23日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (+300万バレル)
7月23日・・・翌3:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

7月24日・・・14:00 クレディ・スイス、第2四半期決算発表
7月24日・・・16:30 独7月製造業PMI・速報値 〔52.0〕 (52.6)
7月24日・・・16:30 独7月サービス業PMI・速報値 〔51.4〕 (52.1)
7月24日・・・17:00 独7月Ifo景況感指数 〔100.0〕 (101.3)
7月24日・・・17:00 独7月Ifo現況指数 〔106.5〕 (108.3)
7月24日・・・17:00 独7月Ifo景気期待指数 〔93.5〕 (94.7)
7月24日・・・17:00 ユーロ圏5月経常収支(季調済) 〔-〕 (▲3億ユーロの赤字)
7月24日・・・17:00 ユーロ圏7月製造業PMI・速報値 〔48.6〕 (49.2)
7月24日・・・17:00 ユーロ圏7月サービス業PMI・速報値 〔48.6〕 (49.1)
7月24日・・・17:00 ユーロ圏7月総合PMI・速報値 〔49.0〕 (49.3)
7月24日・・・17:30 英6月小売売上高 〔▲3.0%〕 (+3.5%)
7月24日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔-〕 (36.6万件)
7月24日・・・23:00 米6月中古住宅販売件数 〔494万件〕 (499万件)

7月25日・・・17:00 ユーロ圏6月マネーサプライM3(前年比) 〔+10.3%〕 (+10.5%)
7月25日・・・17:30 英第2四半期GDP・速報値(前期比) 〔+0.2%〕 (+0.3%)
7月25日・・・17:30 英第2四半期GDP・速報値(前年比) 〔+1.6%〕 (+2.3%)
7月25日・・・MBIA第2四半期決算発表
7月25日・・・21:30 米6月耐久財受注 〔▲0.3%〕 (±0.0%)
7月25日・・・21:30 米6月耐久財受注(除輸送用機器) 〔±0.0%〕 (▲0.9%)
7月25日・・・23:00 7月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値 〔56.4〕 (56.6)
7月25日・・・23:00 米6月新築住宅販売件数 〔50.5万件〕 (51.2万件)

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログいろいろ↓ 応援クリックお願いします。

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(7/14~)

今週は、比較的EURの堅調さが目立った一週間でした。それと金曜日のドル急落は驚きでした。USD/円は今週、106円台後半から始まり106円台前半まで下げた形です。

GBP/円は比較的狭いレンジでの動きにとどまり、211.62円から始まり211円台で終了しそうです。GBP/USDは、USDの急落で一時1.995近くまで上昇しましたが、その後やや戻して終わりそうです。

EUR/円は169円を超えたものの、USDの下落に合わせて下げ、結局168円台で終了しそうです。

先週書いた予想では、「やや上昇の展開を予想します。」(来週の展開(7/14~)を参照)、としていましたが、金曜日の急落により達成できませんでした。

来週こそは、上昇の展開を予想します。引き続き、米株式の低迷や原油価格の高騰などのマイナス要因がありますが、来週の米金融機関の決算発表を無難に乗り越えれば、株価も上昇に転じてドルも上昇しそうです。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

7月14日・・・ニコニコ。 正面仏市場休場(革命記念日)
7月14日・・・17:30 英6月生産者物価指数(前年比) 〔+9.7%〕 (+8.9%)
7月14日・・・18:00 ユーロ圏5月鉱工業生産 〔▲2.3%〕 (+0.9%)
7月14日・・・23:00 米住宅ローン規制に関する公開理事会

7月15日・・・08:01 英6月RICS住宅価格 〔▲93.8%〕 (▲92.9%)
7月15日・・・17:30 英6月消費者物価指数(前年比) 〔+3.6%〕 (+3.3%)
7月15日・・・17:30 英6月小売物価指数(前年比) 〔+4.2%〕 (+4.3%)
7月15日・・・18:00 独7月ZEW景気期待指数 〔▲55.0〕 (▲52.4)
7月15日・・・18:00 独7月ZEW景気現況指数 〔+32.0〕 (+37.6)
7月15日・・・18:00 ユーロ圏7月ZEW景気期待指数 〔-〕 (▲52.7)
7月15日・・・ステートストリート第2四半期決算発表
7月15日・・・21:30 米6月生産者物価指数 〔+1.3%〕 (+1.4%)
7月15日・・・21:30 米6月生産者物価指数・コア 〔+0.3%〕 (+0.2%)
7月15日・・・21:30 米6月小売売上高 〔+0.4%〕 (+1.0%)
7月15日・・・21:30 米6月小売売上高(除自動車) 〔+1.0%〕 (+1.2%)
7月15日・・・21:30 米7月NY連銀製造業景況指数 〔▲7.2〕 (▲8.68)
7月15日・・・22:00 カナダ銀行(BOC)政策金利発表 〔3.00%で据え置き〕 (3.00%で据え置き)
7月15日・・・23:00 米7月IBD/TIPP景気楽観度指数 〔36.3〕 (37.4)
7月15日・・・23:00 米5月企業在庫 〔+0.5%〕 (+0.5%)
7月15日・・・23:00 バーナンキFRB議長、上院銀行住宅都市委員会で証言

7月16日・・・15:00 独6月消費者物価指数・確報値(前年比) 〔+3.3%〕 (+3.3%)
7月16日・・・17:30 英6月失業率 〔2.6%〕 (2.5%)
7月16日・・・17:30 英6月失業者数 〔+1万人〕 (+9000人)
7月16日・・・18:00 ユーロ圏6月消費者物価指数・確報値(HICP、前年比) 〔+4.0%〕 (+4.0%)
7月16日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (+7.5%)
7月16日・・・21:00 ウェルズ・ファーゴ第2四半期決算発表
7月16日・・・21:30 米6月消費者物価指数 〔+0.7%〕 (+0.6%)
7月16日・・・21:30 米6月消費者物価指数・コア 〔+0.2%〕 (+0.2%)
7月16日・・・21:30 加5月製造業出荷 〔-〕 (+2.0%)
7月16日・・・22:00 米5月対米証券投資 〔-〕 (1151億ドルの流入)
7月16日・・・22:15 米6月鉱工業生産 〔±0.0%〕 (▲0.2%)
7月16日・・・22:15 米6月設備稼働率 〔79.4%〕 (79.4%)
7月16日・・・23:00 バーナンキFRB議長、下院金融委員会で証言
7月16日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (▲584万バレル)
7月16日・・・翌2:00 米7月NAHB住宅市場指数 〔18〕 (18)
7月16日・・・翌3:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録、公表(6月24-25日開催分)

7月17日・・・ブラックロック第2四半期決算発表
7月17日・・・19:30 JPモルガン・チェース第2四半期決算発表
7月17日・・・21:30 米6月住宅着工件数 〔96.5万件〕 (97.5万件)
7月17日・・・21:30 米6月建設許可件数 〔97.0万件〕 (97.8万件)
7月17日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔-〕 (34.6万件)
7月17日・・・21:30 加5月国際証券取引高 〔-〕 (+97.51億加ドル)
7月17日・・・22:10 クロズナーFRB理事、討論会参加
7月17日・・・23:00 米7月フィラデルフィア連銀製造業指数 〔▲15.1〕 (▲17.1)
7月17日・・・23:30 カナダ銀行(BOC)金融政策レポート公表
7月17日・・・翌5:00 メリルリンチ第2四半期決算発表

7月18日・・・17:30 英6月マネーサプライM4(前年比) 〔+9.6%〕 (+10.0%)
7月18日・・・18:00 ユーロ圏5月貿易収支(季調前) 〔▲15億ユーロの赤字〕 (23億ユーロの黒字)
7月18日・・・18:00 ユーロ圏5月建設支出 〔-〕 (▲0.8%)
7月18日・・・19:30 シティグループ第2四半期決算発表
7月18日・・・21:30 加6月景気先行指数 〔+0.1〕 (+0.2%)
7月18日・・・21:30 加5月卸売売上高 〔+0.5〕 (+1.4%)

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログいろいろ↓ 応援クリックお願いします。

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(7/7~)

今週は、EUR/USDの動きが目立った一週間でした。ECBの政策金利発表があり、EURの追加利上げへの期待から一時1.590まで上昇しましたが、それについてのコメントは無く、1.570付近まで急落しました。USD/円は106円台前半から始まり106円台後半まで上げた形です。

GBP/円は比較的狭いレンジでの動きにとどまり、211.70円から始まり211.49円で終了しました。GBP/USDは、一時2.000まで上昇しましたが、その後は下げています。BOEの政策金利発表までは今週と同じレベルで推移しそうです。

EUR/円は一時169円を超えたものの、EUR/USDの下落に合わせて急降下、結局167円台で終了しています。

先週書いた予想では、「やや上昇の展開を予想します。」(来週の展開(7/7~)を参照)、としていましたが、ほぼ予想通りの結果でした。

来週は、今週と同様にやや上昇の展開を予想します。依然、米株式の低迷や原油価格の高騰などのマイナス要因がありますが、米株式の下落幅が小さくなってきているので、上昇に転じれば、ドルもさらに上昇しそうです。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

7月7日・・・17:30 英5月鉱工業生産 〔▲0.1%〕 (+0.2%)
7月7日・・・17:30 英5月製造業生産 〔±0.0%〕 (+0.1%)
7月7日・・・19:00 独5月鉱工業生産 〔+0.2%〕 (▲0.8%)
7月7日・・・21:30 加5月建設許可 〔▲5.8%〕 (+14.5%)
7月7日・・・23:30 加第2四半期企業景況感 〔-〕 (▲1.96)

7月8日・・・21:00 バーナンキFRB議長、「金融の規制と安定」について講演
7月8日・・・23:00 米5月中古住宅販売保留 〔▲2.5%〕 (+6.3%)
7月8日・・・23:00 米5月卸売在庫 〔+0.7%〕 (+1.3%)
7月8日・・・翌4:00 米5月消費者信用残高 〔75億ドル〕 (89億ドル)

7月9日・・・08:01 英6月ネーションワイド消費者信頼感 〔-〕 (69)
7月9日・・・16:00 トリシェECB総裁、ECB年次報告に関して議会出席
7月9日・・・17:30 英5月貿易収支 〔▲74億ポンドの赤字〕 (▲75.94億ポンドの赤字)
7月9日・・・18:00 ユーロ圏第1四半期GDP・確報値(前期比) 〔+0.8%〕 (+0.8%)
7月9日・・・18:00 ユーロ圏第1四半期GDP・確報値(前年比) 〔+2.2%〕 (+2.2%)
7月9日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (+3.6%)
7月9日・・・21:15 加6月住宅着工件数 〔21.8万件〕 (22.13万件)
7月9日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (▲198万バレル)

7月10日・・・17:00 7月ECB月報、公表
7月10日・・・20:00 イングランド銀行英金融政策委員会(MPC)、政策金利発表 〔5.00%に据え置き〕 (5.00%に据え置き)
7月10日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔39.5万件〕 (40.4万件)
7月10日・・・23:00 バーナンキFRB議長、ポールソン米財務長官、「金融行政改革」について下院金融サービス委員会にて証言

7月11日・・・20:00 加6月失業率 〔6.1%〕 (6.1%)
7月11日・・・20:00 加6月就業者数 〔+1万人〕 (+8400人)
7月11日・・・21:30 米5月貿易収支 〔▲625億ドルの赤字〕 (▲609億ドルの赤字)
7月11日・・・21:30 米6月輸入物価指数 〔+2.0%〕 (+2.3%)
7月11日・・・21:30 加5月貿易収支 〔52億加ドルの黒字〕 (51億加ドルの黒字)
7月11日・・・21:30 加5月新築住宅価格指数 〔+0.1%〕 (±0.0%)
7月11日・・・23:00 7月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値 〔55.5〕 (56.4)
7月11日・・・翌3:00 米6月財政収支 〔+300億ドルの黒字〕 (前年同月+275億ドルの黒字)

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログいろいろ↓ 応援クリックお願いします。

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。