スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(6/30~)

今週は、USD/円の下落が際立った一週間でした。USD/円は107円前半から始まり106円台前半まで下げた形です。結果としてUSDのみ弱い状態でした。

GBP/円は一時上昇したものの、USD/円の下落につられて下げ、211.7円から始まり211.5円で終了しました。GBP/USDは、1.990台半ばまで続伸しています。GBPの強さが目立ちました。

EUR/円も途中上昇したものの、USD/円につられて下げ、167.5から始まり167.4円で終了しています。EUR/USDは、1.570台後半まで上昇しました。

先週書いた予想では、「来週は横ばいの展開を予想します。」(来週の展開(6/23~)を参照)、としていましたが、USD/円に限っては予想外の結果でした。

来週は、今週の下落から反発を期待したいところです。ただし、米株式の低迷や原油価格の高止まりもあり、容易ではない気がしますが、来週はやや上昇の展開を予想します。

7月3日には、ECBの政策金利発表があり、25bpの利上げが予想されています。結果はともかく、その後のトリシェECB総裁のコメントに注目ですね。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

6月30日・・・08:01 英6月GfK消費者信頼感 〔▲31〕 (▲29)
6月30日・・・17:30 英5月マネーサプライM4・確報値(前年比) 〔-〕 (+10.0%)
6月30日・・・17:30 英5月消費者信用残高 〔11億ポンド〕 (9億ポンド)
6月30日・・・18:00 ユーロ圏6月消費者物価指数・速報値(HICP、前年比) 〔+3.8%〕 (+3.6%)
6月30日・・・21:30 加4月GDP (+0.2%〕 (▲0.2%)
6月30日・・・22:45 米6月シカゴ購買部協会景気指数(PMI) 〔48.5〕 (49.1)
6月30日・・・23:00 米6月ミルウォーキー購買部協会景気指数 〔-〕 (45.0)

7月1日・・・15:00 英6月ネーションワイド住宅価格 〔▲1.0%〕 (▲2.5%)
7月1日・・・16:55 独6月失業率 〔7.9%〕 (7.9%)
7月1日・・・16:55 独6月失業者数 〔▲1万5000人〕 (+4000人)
7月1日・・・17:00 独6月製造業PMI・確報値 〔52.3〕 (52.3)
7月1日・・・17:00 ユーロ圏6月製造業PMI・確報値 〔49.1〕 (49.1)
7月1日・・・17:30 英6月製造業PMI 〔49.8〕 (50.0)
7月1日・・・18:00 ユーロ圏5月失業率 〔7.1%〕 (7.1%)
7月1日・・・23:00 米6月ISM製造業景況指数 〔49.0〕 (49.6)
7月1日・・・23:00 米5月建設支出 〔▲0.6%〕 (▲0.4%)

7月2日・・・16:15 トリシェECB総裁、講演
7月2日・・・18:00 ユーロ圏5月生産者物価指数(前年比) 〔-〕 (+6.1%)
7月2日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (▲9.3%)
7月2日・・・21:15 米6月ADP全国雇用者数 〔▲2.0万人〕 (+4.0万人)
7月2日・・・23:00 米5月製造業受注指数 〔+0.5%〕 (+1.1%)
7月2日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (+80万バレル)

7月3日・・・17:00 独6月サービス業PMI・確報値 〔53.3〕 (53.3)
7月3日・・・17:00 ユーロ圏6月サービス業PMI・確報値 〔49.5〕 (49.5)
7月3日・・・17:00 ユーロ圏6月総合PMI・確報値 〔49.5〕 (49.5)
7月3日・・・17:30 英6月サービス業PMI 〔49.6〕 (49.8)
7月3日・・・18:00 ユーロ圏5月小売売上高 〔-〕 (▲0.6%)
7月3日・・・20:45 欧州中央銀行(ECB)理事会、政策金発表 〔25bpの利上げで4.25%に〕 (4.00%に据え置き)
7月3日・・・21:30 トリシェECB総裁、記者会見
7月3日・・・21:30 米6月非農業部門雇用者数 〔▲5.4万人〕 (▲4.9万人)
7月3日・・・21:30 米6月失業率 〔5.4%〕 (5.5%)
7月3日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔-〕 (38.4万件)
7月3日・・・23:00 米6月ISM非製造業景況指数 〔51.4〕 (51.7)

7月4日・・・19:00 ユーロ圏5月製造業受注 〔+0.6%〕 (▲1.8%)
7月4日・・・ニコニコ。 正面米休場(独立記念日)
7月4日・・・23:00 加6月Ivey購買部景況指数 〔62.0〕 (62.5)

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログいろいろ↓ 応援クリックお願いします。

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(6/23~)

今週は、各通貨で異なる推移となった一週間でした。USD/円は108円前半から始まり107円台前半まで下げた形です。

GBP/円は16日の上昇と19日の指標発表後の急上昇で、210円前半から始まり211円台後半まで伸ばしました。

EUR/円も上昇基調で、166円台半ばから始まり167円台半ばで終了しています。

先週書いた予想では、「一旦戻す展開を予想します。」(来週の展開(6/16~)を参照)、としていましたが、USD/円に限っては予想通りの展開でした。

来週は、今週の一段落から上昇したいところです。ただし、米株式の低迷や原油価格の高止まりもあり、上昇は難しい気がします。来週は横ばいの展開を予想します。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

6月23日・・・08:01 英6月ライトムーブ住宅価格指数 〔-〕 (+1.2%)
6月23日・・・16:30 独6月製造業PMI・速報値 〔53.1〕 (53.6)
6月23日・・・16:30 独6月サービス業PMI・速報値 〔53.2〕 (53.8)
6月23日・・・17:00 独6月Ifo景況感指数 〔102.3〕 (103.5)
6月23日・・・17:00 独6月Ifo現況指数 〔109.0〕 (110.1)
6月23日・・・17:00 独6月Ifo景気期待指数 〔96.1〕 (97.3)
6月23日・・・17:00 ユーロ圏6月製造業PMI・速報値 〔50.2〕 (50.5)
6月23日・・・17:00 ユーロ圏6月サービス業PMI・速報値 〔50.5〕 (50.6)
6月23日・・・17:00 ユーロ圏6月総合PMI・速報値 〔-〕 (51.1)

6月24日・・・15:45 仏5月消費者支出 〔+0.7%〕 (▲0.8%)
6月24日・・・22:00 米4月S&P/ケースシラー住宅価格指数 〔-〕 (172.2)
6月24日・・・22:00 米4月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比) 〔▲16.0%〕 (▲14.4%)
6月24日・・・23:00 米6月消費者信頼感指数 〔57.0〕 (57.2)
6月24日・・・23:00 米6月リッチモンド連銀製造業指数 〔-〕 (▲3)
6月24日・・・23:00 米4月住宅価格指数 〔▲0.5%〕 (+0.4%)

6月25日・・・18:00 ユーロ圏4月製造業受注 〔-〕 (▲1.0%)
6月25日・・・19:00 英6月CBI流通取引調査 〔-〕 (▲14)
6月25日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (▲8.8%)
6月25日・・・21:30 米5月耐久財受注 〔+0.1%〕 (▲0.5%)
6月25日・・・21:30 米5月耐久財受注(除輸送用機器) 〔▲0.9%〕 (+2.5%)
6月25日・・・23:00 米5月新築住宅販売件数 〔51.1万件〕 (52.6万件)
6月25日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (▲124万バレル)
6月25日・・・翌3:15 米連邦公開市場委員会(FOMC)結果公表 〔2.00%で据え置き〕 (25bp利下げ、2.00%)

6月26日・・・15:45 仏6月INSEE消費者信頼感指数 〔▲41〕 (▲41)
6月26日・・・17:00 ユーロ圏5月マネーサプライM3(前年比) 〔+10.4%〕 (+10.6%)
6月26日・・・17:45 キングBOE総裁、ギーブ副総裁、タッカーMPC委員、ビーズリーMPC委員、ベーカーMPC委員、議会証言(議題は5月公表の四半期インフレ報告について)
6月26日・・・20:30 コーンFRB副議長、ECB主催の国際調査フォーラムにて「金融政策」について講演
6月26日・・・21:30 米第1四半期GDP・確報値(前期比年率) 〔+1.0%〕 (+0.9%)
6月26日・・・21:30 米第1四半期GDPデフレーター・確報値(前期比年率) 〔+2.6%〕 (+2.6%)
6月26日・・・21:30 米第1四半期個人消費・確報値(前期比年率) 〔-〕 (+1.0%)
6月26日・・・21:30 米第1四半期コアPCEデフレーター・確報値(前期比年率) 〔+2.1%〕 (+2.1%)
6月26日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔37.5万件〕 (38.1万件)
6月26日・・・23:00 米5月CB求人広告指数 〔-〕 (19)
6月26日・・・23:00 米5月中古住宅販売件数 〔496万件〕 (489万件)

6月27日・・・15:50 仏第1四半期GDP・確報値(前期比) 〔+0.6%〕 (+0.4%)
6月27日・・・17:00 ユーロ圏4月経常収支(季調済) 〔-〕 (▲153億ユーロの赤字)
6月27日・・・17:30 英第1四半期GDP・確報値(前期比) 〔+0.4%〕 (+0.4%)
6月27日・・・ベア・スターンズ、第2四半期決算発表
6月27日・・・21:30 米5月個人所得 〔+0.4%〕 (+0.2%)
6月27日・・・21:30 米5月個人消費支出 〔+0.6%〕 (+0.2%)
6月27日・・・21:30 米5月PCEコアデフレーター 〔+0.2%〕 (+0.1%)
6月27日・・・23:00 6月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値 〔56.9〕 (56.7)

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログいろいろ↓ 応援クリックお願いします。

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(6/16~)

今週は、USDを中心にかなり上昇した一週間でした。USD/円は104円半ばから108円台まで、とにかく怖いくらい良く上げました。

GBP/円も同様に、204円台から始まり、一時210円台後半まで伸ばしています。

EUR/円は、ややマイペースで、165円台~166円台での推移でした。

先週書いた予想では、原油価格急騰から「来週はUSD/円を中心に下落基調の展開を予想してしまいます。」(来週の展開(6/9~)を参照)、としていましたが、原油価格もやや落ち着きを取り戻したこともあり、全く予想外の展開でした。

来週は、今週上昇した反動があるとみています。また、米証券会社の第2四半期決算発表があり、リーマン・ブラザーズは約28億ドルの赤字見通しを発表しており、他社の結果が心配されます。いつまでも上昇が続くとは思えず、一旦戻す展開を予想します。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

6月16日・・・18:00 ユーロ圏5月消費者物価指数・確報値(HICP、前年比) 〔+3.6%〕 (+3.6%)
6月16日・・・21:15 リーマン・ブラザース、第2四半期決算発表
6月16日・・・21:30 米6月NY連銀製造業景況指数 〔▲1.5〕 (▲3.2)
6月16日・・・22:00 米4月対米証券投資 〔-〕 (804億ドルの流入)
6月16日・・・23:00 バーナンキFRB議長、上院財政委員会にて「医療制度改革と米経済の競争力」について講演
6月16日・・・翌2:00 米6月NAHB住宅市場指数 〔19〕 (19)

6月17日・・・17:30 英5月消費者物価指数(前年比) 〔+3.2%〕 (+3.0%)
6月17日・・・17:30 英5月小売物価指数(前年比) 〔+4.1%〕 (+4.2%)
6月17日・・・18:00 独6月ZEW景気期待指数 〔▲44.0〕 (▲41.4)
6月17日・・・18:00 独6月ZEW景気現況指数 〔+37.6〕 (+38.6)
6月17日・・・18:00 ユーロ圏6月ZEW景気期待指数 〔-〕 (▲43.6)
6月17日・・・18:00 ユーロ圏4月貿易収支 〔-〕 (▲23億ユーロの赤字)
6月17日・・・21:30 ゴールドマン・サックス、第2四半期決算発表
6月17日・・・21:30 米第1四半期経常収支 〔▲1735億ドルの赤字〕 (▲1729億ドルの赤字)
6月17日・・・21:30 米5月生産者物価指数 〔+1.0%〕 (+0.2%)
6月17日・・・21:30 米5月生産者物価指数・コア 〔+0.2%〕 (+0.4%)
6月17日・・・21:30 米5月住宅着工件数 〔98.0万件〕 (103.2万件)
6月17日・・・21:30 米5月建設許可件数 〔96.0万件〕 (98.2万件)
6月17日・・・22:15 米5月鉱工業生産 〔+0.1%〕 (▲0.7%)
6月17日・・・22:15 米5月設備稼働率 〔79.7%〕 (79.7%)

6月18日・・・17:30 イングランド銀行MPC議事録、公表(6月4-5日分)
6月18日・・・18:00 ユーロ圏4月建設支出 〔-〕 (▲2.2%)
6月18日・・・19:00 英6月CBI製造業受注指数 〔-〕 (▲10)
6月18日・・・モルガン・スタンレー、第2四半期決算発表
6月18日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (+10.9%)
6月18日・・・21:30 加5月景気先行指数 〔+0.1%〕 (+0.1%)
6月18日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (▲456万バレル)
6月18日・・・翌3:30 キング・BOE総裁、講演

6月19日・・・17:30 英5月小売売上高 〔±0.0%〕 (▲0.2%)
6月19日・・・17:30 英5月マネーサプライM4(前年比) 〔+10.5%〕 (+11.1%)
6月19日・・・20:00 加5月消費者物価指数(前年比) 〔+1.9%〕 (+1.7%)
6月19日・・・20:00 加5月消費者物価指数コア(前年比) 〔+1.4%〕 (+1.5%)
6月19日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔37.5万件〕 (38.4万件)
6月19日・・・21:30 加4月卸売売上高 〔-〕 (+0.6%)
6月19日・・・23:00 米6月フィラデルフィア連銀製造業指数 〔▲11.4〕 (▲15.6)
6月19日・・・23:00 米5月景気先行指数 〔±0.0%〕 (+0.1%)

6月20日・・・21:30 加4月小売売上高 〔-〕 (+0.1%)
6月20日・・・21:30 加4月小売売上高(除自動車) 〔-〕 (±0.0%)
6月20日・・・翌1:45 トリシェECB総裁、講演
6月20日・・・翌2:30 シュタルクECB理事、講演

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログいろいろ↓ 応援クリックお願いします。

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

F1 カナダGP

ピット出口でのハミルトンの追突などもあり、荒れたレース展開の中、見事にクビサ選手が初優勝を飾りました。

BMW、またポーランド人としても初めての歴史的な勝利だったんですね。

これでクビサ選手は、ドライバーズポイントでも1位に躍り出ました。

2006年のハンガリーGPでデビューして、実に29戦目での優勝は見事です。
ちなみに、アロンソは30戦目、ライコネンは36戦目、マッサは67戦目で初優勝。
これで一躍トップドライバーの仲間入りですね。

入賞率も62.1%と安定しており、今後もチャンピオン争いをしていくと思います。

昨シーズンは最終戦までもつれ込んだチャンピオン争い。
今シーズンも、クビサ、ハミルトン、ライコネン、マッサの4人が最終戦まで争うような展開になるのかと思うとワクワクしてきますね。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

来週の展開(6/9~)

今週は、値動きの激しかった中で、比較的上昇基調だったものの、結局は先週末からは下げた形になりました。USD/円は約105円近辺で終了しています(先週末は105円台中盤)。

GBP/円は、やや弱く結局206円台で終了しています(先週末は208円台後半)。

EUR/円は、この中では比較的強く、着実に値を上げて165円台中盤で終了しています(先週末は約164円)。

先週書いた予想では、「原油価格の下落傾向は続きそうなので、来週もUSD/円を中心に上昇基調の展開を予想しています。」(来週の展開(6/2~)を参照)、としていましたが、6日の米雇用統計と原油価格の急騰(138ドル台)で達成は出来ませんでした。

来週は、原油価格が心配です。5月22日の高値から下落一辺倒だったのに急騰。しかも最高値更新。いい加減にして欲しいです。こんな調子だと、来週はUSD/円を中心に下落基調の展開を予想してしまいます。

【来週の主な経済指標等】 〔予想〕 (前回)

6月9日・・・15:00 独4月貿易収支 〔155億ユーロの黒字〕 (167億ユーロの黒字)
6月9日・・・17:30 英5月生産者物価指数(前年比) 〔+7.7%〕 (+7.5%)
6月9日・・・21:15 加5月住宅着工件数 〔21.75万件〕 (21.39万件)
6月9日・・・23:00 米4月中古住宅販売保留 〔±0.0%〕 (▲1.0%)

6月10日・・・08:01 英5月RICS住宅価格 〔▲97.0%〕 (▲95.1%)
6月10日・・・17:30 英4月鉱工業生産 〔±0.0%〕 (▲0.5%)
6月10日・・・17:30 英4月製造業生産 〔+0.1%〕 (▲0.5%)
6月10日・・・20:00 キング・イングランド銀行(BOE)総裁、講演
6月10日・・・21:30 米4月貿易収支 〔▲600億ドルの赤字〕 (▲582億ドルの赤字)
6月10日・・・21:30 加4月貿易収支 〔50億加ドルの黒字〕 (55億加ドルの黒字)
6月10日・・・22:00 カナダ銀行(BOC)政策金利発表 〔25bpの利下げ、2.75%〕 (50bpの利下げ、3.00%)
6月10日・・・23:00 米6月IBD/TIPP景気楽観度指数 〔40.0〕 (40.3)

6月11日・・・17:30 英5月失業率 〔2.6%〕 (2.5%)
6月11日・・・17:30 英5月失業者数 〔+5000人〕 (+7200人)
6月11日・・・17:30 英4月貿易収支 〔▲73億ポンドの赤字〕 (▲74.37億ポンドの赤字)
6月11日・・・20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔-〕 (▲15.3%)
6月11日・・・21:30 加4月新築住宅価格指数 〔+0.2%〕 (+0.2%)
6月11日・・・23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔-〕 (▲480万バレル)
6月11日・・・翌3:00 米5月財政収支 〔▲1510億ドルの赤字〕 (前年同月▲677億ドルの赤字)

6月12日・・・17:00 6月ECB月報
6月12日・・・17:30 イングランド銀行・四半期インフレ報告、公表
6月12日・・・18:00 ユーロ圏4月鉱工業生産 〔+0.1%〕 (▲0.2%)
6月12日・・・21:30 米5月輸入物価指数 〔+2.4%〕 (+1.8%)
6月12日・・・21:30 米5月小売売上高 〔+0.5%〕 (▲0.2%)
6月12日・・・21:30 米5月小売売上高(除自動車) 〔+0.6%〕 (+0.5%)
6月12日・・・21:30 米新規失業保険申請件数 〔37.0万件〕 (35.7万件)
6月12日・・・23:00 米4月企業在庫 〔+0.3%〕 (+0.1%)

6月13日・・・15:00 独5月消費者物価指数・確報値 〔+0.6%〕 (+0.6%)
6月13日・・・21:30 米5月消費者物価指数 〔+0.5%〕 (+0.2%)
6月13日・・・21:30 米5月消費者物価指数・コア 〔+0.2%〕 (+0.1%)
6月13日・・・21:30 加4月製造業出荷 〔▲0.4%〕 (▲1.6%)
6月13日・・・21:30 加第1四半期労働生産率(前期比) 〔▲0.2%〕 (▲0.8%)
6月13日・・・23:00 6月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値 〔59.5〕 (59.8)

注.予想については、直近に変更になることがあります。
注.主要通貨に関連しそうな指標等のみを記載しています。



↓為替に関するブログいろいろ↓ 応援クリックお願いします。

為替ブログ にほんブログ村へ
為替ブログランキング 人気ブログランキングへ
外国為替 FC2ブログ★ランキングへ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

原油価格高騰も一段落か

上がり続ける原油価格いったいどこまで・・・

昨年から上昇を続けているガソリン価格は、な、な、なんと170円/L

これはもう異常です。車を使う人にとっては死活問題ですよ。

ところが、上がり続けていた原油価格も落ち着き始めています。

一時135[ドル/バレル]近い値を付けた価格も、下がり始めています。

NY原油価格(ドル/バレル) 日足チャート


先々週の高値からは、10ドル以上も下落しています。

一時的なものかも知れませんが、この調子を維持してもらいたいものです。

NY原油価格(ドル/バレル) 60min足チャート


早く去年並みの水準に戻って欲しい・・・
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。